リニア中央新幹線品川駅着工…新幹線直下、ホームは地下40m 画像 リニア中央新幹線品川駅着工…新幹線直下、ホームは地下40m

インバウンド・地域活性

 JR東海が東京(品川)~名古屋間で2027年開業を目指すリニア中央新幹線プロジェクトで、駅舎整備の初弾となる品川駅(東京都港区港南)が着工した。27日に安全祈願と起工式が現地で行われた。南北2工区に分け、施工は南工区を大林組・東亜建設工業・熊谷組JV、北工区を清水建設・名工建設・三井住友建設JVが担当。段階的に工事を進め、既に発注済みの工程全体の前半部分(土留め壁構築・掘削工)に続き、躯体構築工など後半部分の工事を別途発注する。=4面に関連記事
 東京側のターミナル駅となる品川駅は、既存の東海道新幹線品川駅の直下(対象エリア長さ約450メートル×幅約60メートル、敷地面積約3・5ヘクタール)に構築される。2工区の長さは南工区が約300メートル、北工区が約150メートル。地上からホーム階の深さは約40メートルとなる。
 清水建設、大林組の両JVが担当する前半部分は土留め壁の構築と掘削の一部で、工期は21年2月10日まで。残る既設構造物の受け替え工事、掘削、躯体構築、設備工事などは別発注となる。
 式典後、JR東海の柘植康英社長は「先月着工した南アルプストンネルと同様に工期が長く、新幹線直下で工事の段取りも複雑で難易度が高い。清水、大林の両JVと力を合わせて安全に工事を完遂させる」と語った。

JR東海/リニア中央新幹線品川駅に着工/新幹線直下で段階施工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  3. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

    札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  8. 鹿児島第3合同庁舎を整備。地域連携で景観形成、御楼門など復元に合わせ

  9. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  10. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top