リニア中央新幹線品川駅着工…新幹線直下、ホームは地下40m 画像 リニア中央新幹線品川駅着工…新幹線直下、ホームは地下40m

インバウンド・地域活性

 JR東海が東京(品川)~名古屋間で2027年開業を目指すリニア中央新幹線プロジェクトで、駅舎整備の初弾となる品川駅(東京都港区港南)が着工した。27日に安全祈願と起工式が現地で行われた。南北2工区に分け、施工は南工区を大林組・東亜建設工業・熊谷組JV、北工区を清水建設・名工建設・三井住友建設JVが担当。段階的に工事を進め、既に発注済みの工程全体の前半部分(土留め壁構築・掘削工)に続き、躯体構築工など後半部分の工事を別途発注する。=4面に関連記事
 東京側のターミナル駅となる品川駅は、既存の東海道新幹線品川駅の直下(対象エリア長さ約450メートル×幅約60メートル、敷地面積約3・5ヘクタール)に構築される。2工区の長さは南工区が約300メートル、北工区が約150メートル。地上からホーム階の深さは約40メートルとなる。
 清水建設、大林組の両JVが担当する前半部分は土留め壁の構築と掘削の一部で、工期は21年2月10日まで。残る既設構造物の受け替え工事、掘削、躯体構築、設備工事などは別発注となる。
 式典後、JR東海の柘植康英社長は「先月着工した南アルプストンネルと同様に工期が長く、新幹線直下で工事の段取りも複雑で難易度が高い。清水、大林の両JVと力を合わせて安全に工事を完遂させる」と語った。

JR東海/リニア中央新幹線品川駅に着工/新幹線直下で段階施工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  2. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  3. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  6. ハイドランジア「筑紫の風」、希少な花色と重量感  

  7. 「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

  8. 岩手医科大学が付属病院を移転新築、建設事業費550億円

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top