【新電力EXPO】HEMS機器を省コスト化、見守りサービスに新展開も? 画像 【新電力EXPO】HEMS機器を省コスト化、見守りサービスに新展開も?

イベント・セミナー

 組み込みプラットフォームを手掛けるアットマークテクノは27日、東京ビッグサイトで開催中の「新電力EXPO2016」で、組み込みプラットフォーム「Armadillo」に関する展示を行った。

 今回展示されたうちのひとつ、「Armadillo-Box WS1」は、HEMS機器向けBox型プラットフォーム。インターフェイスをLANとUSBのみに絞り込み、スマートメーターで利用される無線規格Wi-SUN対応の通信モジュールを内蔵した。

 「Armadillo-Box WS1」はHEMSにおいて、スマートメーターから受信した検診データをホームネットワークに中継する役割を果たす。既にあるネットワークを利用し、そこにWi-SUN通信機能を後付けすることで、導入コストを抑えようという取り組みだ。

「Armadillo-Box WS1」は地産地消を掲げる特定規模電気事業者「水戸電力」での採用が決まっている。同電気事業者ではこれを「ミライゲート」という名前で、電力の供給先に貸与。ホームネットワーク内にあるルーターに接続する形で利用する。

 なお、シリーズ製品でIoTゲートウェイとしての拡張性を持たせた「Armadillo-IoT」であれば、Wi-SUNモジュールだけでなく、3Gモジュールなども内蔵できる。水戸電力では電力消費量を元に、供給者の見守りサービスの提供も予定している。ただ、高齢者の住む家庭の一部では、インターネット回線が引かれておらず、HEMSが利用できないこともあるようだ。

 しかし、「Armadillo-IoT」であれば、3Gキャリアと連携することで、直接クラウドにスマートメーターの測定値を送ることも可能となる。さらに、スロットの組み換えでセンサー類を外付けすることも可能。温湿度や人感、ドアの開閉などのセンサーと組み合わせて、見守りサービスに独自性を持たせることも考えられそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント・セミナー アクセスランキング

  1. 顧客と従業員とともに企業価値を作る

    顧客と従業員とともに企業価値を作る

  2. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

    「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  3. 八千代工業、東京モーターショーでS660 カスタマイズモデル他を出展

    八千代工業、東京モーターショーでS660 カスタマイズモデル他を出展

  4. 【ウェアラブルEXPO】歩けば充電する発電インソール、10秒ごとに位置情報を発信

  5. 【運輸・交通EXPO:2】トラックカーナビ、クラウドで月1万円台から!

  6. メガネスーパーに学ぶ、企業再起のための“三つの方法”

アクセスランキングをもっと見る

page top