【新電力EXPO】ゴミの発泡スチロールを電気に!? 圧縮・燃料化システムの実用化進む 画像 【新電力EXPO】ゴミの発泡スチロールを電気に!? 圧縮・燃料化システムの実用化進む

イベント

 ゴミ圧縮機の開発などの環境事業を手掛けるエルコムは27日、東京ビッグサイトで開催中の「新電力EXPO2016」で、発泡スチロール燃料化システムに関する展示を行った。

 同社では以前から発泡スチロールを非加熱で圧縮する減容機を提供していたという。発泡スチロールは再利用の用途が無いため、埋め立ててゴミにするしかなく、企業によっては廃棄コストが大きな負荷となっていた。

 中でも、問題視されていたのが漂着ブイだという。毎年相当量が海岸に漂着するが、廃棄にかかる費用は1本1000円。水濡れや貝殻の付着などがあると、一般の処理装置では対応できなかった。これに対応すべく、同社では「スチロス・ブイ」という専用の圧縮減容器も開発している。

 今回展示された発泡スチロールペレタイザー「スチロスター」は、その延長線上にある機械となる。発泡スチロールを1/40の容積まで圧縮することで燃料化。重油に比べると発熱量は8.833kcal/kgとほぼ同等で、それでいてコストは1/2に抑えられるという。

 なお、ペレットは関連のリサイクル業者で生成し、提供する形を想定している。これを主燃料とする専用の小型温水ボイラー「エコボイラーネオス」は5月に発売を予定。現在は鋳物メーカーや自動車メーカーなどから、加温や洗浄用途などでの引き合いが入っているとのことだ。

 また、工場関係ではペレットを使った自社発電についても、相談を受けているという。今まで捨てるしかなかった発泡スチロールが電気に変わる、そんなリサイクルビジネスが成立する日が来るかもしれない。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【ウェアラブルEXPO】歩けば充電する発電インソール、10秒ごとに位置情報を発信

    【ウェアラブルEXPO】歩けば充電する発電インソール、10秒ごとに位置情報を発信

  2. 大型トラックのタイヤ交換、ホイール脱着も全自動――小野谷機工

    大型トラックのタイヤ交換、ホイール脱着も全自動――小野谷機工

  3. 「競合しない」経営を目指せ!森永卓郎氏が語る「中小企業の今後」

    「競合しない」経営を目指せ!森永卓郎氏が語る「中小企業の今後」

  4. 【メディケアフーズ展】独居者と在宅ケアが生む新たな需要

  5. 【農業ワールド:3】農業カリスマが説く、最強の農家の作り方!

  6. 【イーコマースEXPO:2】改善コストを抑えるECサイト構築術

  7. 【越境ECフェス】世界市場の売れ筋は? 参入に必要なものは?

  8. 【国際ロボット展】トラクターを無人化する「ロボトラ」、ヤンマーで実証実験進む

  9. 不動産業者向け「ソーシャルリスク対策セミナー」、名古屋で開催

  10. 新業態など注目集まるコインランドリー、東京で2日より専門展

アクセスランキングをもっと見る

page top