サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は… 画像 サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

マネジメント

 18歳から65歳までの男女8500人に調査を行い、働きたいと感じる”魅力ある国内企業”を決める「ランスタッドアワード2016」の結果が27日に発表された。

 昨年10月から11月にかけてインターネット上で行われた同調査。210社を対象に「社名を知っているかどうか」「その企業で働きたいかどうか」を質問したほか、同社が独自に制定した指標についてもリサーチしたという。

 今回の調査で「ランスタッドアワード2016」に輝いたのはサントリーホールディングス。昨年の2位から順位を上げ、3年ぶりの1位に輝いた。また2位にはキリンホールディングス(昨年1位)、3位に明治ホールディングス(昨年3位)が続いている。

 同時に調査した職場環境などの10の指標でもサントリーは「興味深い仕事がある」「職場環境が快適である」の2項目で1位に。一方、「財務体質が健全である」「経営者層が優れている」「ワークライフバランスが実現しやすい」など7項目の指標では、トヨタ自動車がトップとなった。

 国内で事業を行う海外企業部門の1位はボッシュ。2位にアマゾンジャパン、3位に日本アイ・ビー・エムがランクインした。

 「ランスタッドアワード2016」に輝いたサントリーについて、ランスタッドは「様々な商材を通じて多様なサントリーブランドを発信しており、消費者の間でわくわくや楽しさ、親しみやすさを広めている」と説明。女性が働きやすい環境を整えるとともに、「男女の役割格差是正に取り組み、社内外に多く発信している」と評価の内容を解説している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

    物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

  2. 【外食ビジネスウィーク2015】水圧を落とさず最大95%の節水が可能、超節水ノズル「Bubble90」

    【外食ビジネスウィーク2015】水圧を落とさず最大95%の節水が可能、超節水ノズル「Bubble90」

  3. 本日の新聞から:電機大手ベア3000円要求、東芝・シャープは離脱

    本日の新聞から:電機大手ベア3000円要求、東芝・シャープは離脱

  4. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

アクセスランキングをもっと見る

page top