民泊利用、「安さ」より重要なものとは? 画像 民泊利用、「安さ」より重要なものとは?

インバウンド・地域活性

 建設業の技術系人材派遣・紹介サービス「ConstructionEngineering(コンストラクションエンジニアリング)」を行うエヌ・アンド・シーが、空き家・ビルのリノベーションと民泊に関する意識調査を行った。

 この調査は東京圏・大阪圏に住む20~59歳の男女2000名を対象に行ったもの。調査によると、民泊が可能になった場合、自身が民泊の貸し手となることに興味があると答えたのは、「非常に興味がある」「少し興味がある」を合わせて19%だった。宿泊者として利用することに関しては「非常に興味がある」「少し興味がある」合わせて28.3%とやや高くなる。

 全体としてはまだまだ関心が低いが、2~3か月に1回以上旅行に行く人に絞ると「非常に興味がある」が7.9%、「少し興味がある」が36.2%と4割以上が関心を寄せている結果になる。年に一度出張が入る人も合計33.8%が「非常に興味がある」もしくは「少し興味がある」と答えており、宿泊施設の利用頻度が高い層は民泊の第1のターゲットユーザーとなるといえそうだ。

 なお、民泊利用に興味があると答えたユーザーに、民泊を利用する際気になる点を聞くと「部屋がキレイ」が74.3%でトップに。価格の安さはこれに次ぐ2位で65.5%だった。3位にも「トイレやお風呂がキレイなところ」という条件が挙がっており、民泊では価格以上に清潔さが重視される傾向にあることが見て取れる。今後、民泊に取り組む事業者は、頻繁に旅行をするユーザーをターゲットに、清潔な部屋を提供することを意識するといいかもしれない。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  3. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

    【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  4. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  5. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  6. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  7. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

アクセスランキングをもっと見る

page top