他社も使える宅配ロッカー、ヤマト運輸が仏企業とともに設置へ 画像 他社も使える宅配ロッカー、ヤマト運輸が仏企業とともに設置へ

ライフ

 ヤマト運輸が仏・ネオポストと合弁会社設立に向けて基本合意し、オープン型宅配ロッカーの設置に動き出した。

 宅配ロッカーは宅配物を一時的に保管し、受取人がロッカーから荷物を受け取ることができるシステム。国土交通省の調査によれば、現在宅配便のうち2割が再配達の対象となっており、物流コストのかさむ一因となっている。そのため、物流各社はコンビニエンスストアでの荷物受け取りなど、受け取り場所の拡大を図ってきた。

 宅配ロッカーも受け取り場所の選択肢のひとつとなる。今回ヤマト運輸らが構築を目指す宅配ロッカーの大きな特徴はオープン型であること。構築後はヤマト運輸だけでなく、ほかの宅配業各社も利用できる。駅などに設置し、特定のID・パスワードを使って開ける仕組みを想定しているようだ。

 ネオポストグループは仏・郵政グループ子会社と合弁会社を設立し、フランス国内にオープン型宅配ロッカーネットワークを構築している。現在250台ほどの宅配ロッカーを設置しており、将来的には3000台の設置を目標としている。ヤマト運輸はこのノウハウを活用し、国内での宅配ロッカーネットワーク構築をめざす。

 合弁会社はネオポストが51%、ヤマト運輸が49%出資で設立予定。3月を目標に契約合意をめざしている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

    【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

  2. みんなで考えよう、みんなに伝えよう…いじめ防止標語コンテスト参加募集

    みんなで考えよう、みんなに伝えよう…いじめ防止標語コンテスト参加募集

  3. 生涯現場との関わり重視…元清水建設社長・野村哲也氏お別れの会

    生涯現場との関わり重視…元清水建設社長・野村哲也氏お別れの会

アクセスランキングをもっと見る

page top