【新電力EXPO】微生物と下水で電気が生まれる、NEDOが発電型排水処理技術に関する展示 画像 【新電力EXPO】微生物と下水で電気が生まれる、NEDOが発電型排水処理技術に関する展示

イベント

 東京ビッグサイトで開催中の「新電力EXPO2016」におけるNEDOブースで27日、発電型排水処理技術に関する展示が行われた。

 現在、多くの下水処理場では生物反応層で有機物の除去を行っている。しかし、ここで使用される好気性の微生物は、活動のために酸素が必要。そこでの曝気処理に使われるエネルギー量は、全国の総電力消費量の約0.6%に及ぶという。

 しかし、発電型排水処理技術で利用される発電菌は、電子の受け渡しによって生命活動を行う。そのため、発電菌を下水処理場に用いた場合には、生物反応層での曝気処理が不要になるという。さらに応用化の研究としては、田んぼ発電にも取り組んでいるとのこと。この実験では稲を囲むようにドーナッツ状に電極を配置し、稲が出す有機物を発電菌に分解させた。

 田んぼ発電の話などを聞くと、水耕栽培による野菜工場などで、発電が行なえるのではないかと想像する人もいるかもしれない。ただ、現時点での発電量は1立方メートルで150mWh。まだまだコスト面で折り合いをつけるには、ハードルが残されているようだ。

 今後は下水処理場での発電型排水処理技術の導入に向けて、実用化の研究を進めていくとのこと。下水処理場での発電に何かアイディアがあれば、ビジネスのチャンスになるかもしれない。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

    【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

  2. 新業態など注目集まるコインランドリー、東京で2日より専門展

    新業態など注目集まるコインランドリー、東京で2日より専門展

  3. 【新価値創造展2015】製品化された着るヒーター、通電繊維の未来とは?

    【新価値創造展2015】製品化された着るヒーター、通電繊維の未来とは?

  4. 中高生のボランティアスピリット賞、受賞者を表彰

  5. 【新電力EXPO】微生物と下水で電気が生まれる、NEDOが発電型排水処理技術に関する展示

  6. HANJO HANJO、中小企業向けフィンテックセミナーを共催!

  7. NHK大河『真田丸』を中小企業の“生き残り劇”として見る

  8. 【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術

  9. 【国際ロボット展】介助犬のように障害者をサポートする支援ロボット「HSR」

  10. 健康経営でライフスタイルを変え新市場の創出……神奈川県のCHO構想

アクセスランキングをもっと見る

page top