【新電力EXPO】微生物と下水で電気が生まれる、NEDOが発電型排水処理技術に関する展示 画像 【新電力EXPO】微生物と下水で電気が生まれる、NEDOが発電型排水処理技術に関する展示

イベント

 東京ビッグサイトで開催中の「新電力EXPO2016」におけるNEDOブースで27日、発電型排水処理技術に関する展示が行われた。

 現在、多くの下水処理場では生物反応層で有機物の除去を行っている。しかし、ここで使用される好気性の微生物は、活動のために酸素が必要。そこでの曝気処理に使われるエネルギー量は、全国の総電力消費量の約0.6%に及ぶという。

 しかし、発電型排水処理技術で利用される発電菌は、電子の受け渡しによって生命活動を行う。そのため、発電菌を下水処理場に用いた場合には、生物反応層での曝気処理が不要になるという。さらに応用化の研究としては、田んぼ発電にも取り組んでいるとのこと。この実験では稲を囲むようにドーナッツ状に電極を配置し、稲が出す有機物を発電菌に分解させた。

 田んぼ発電の話などを聞くと、水耕栽培による野菜工場などで、発電が行なえるのではないかと想像する人もいるかもしれない。ただ、現時点での発電量は1立方メートルで150mWh。まだまだコスト面で折り合いをつけるには、ハードルが残されているようだ。

 今後は下水処理場での発電型排水処理技術の導入に向けて、実用化の研究を進めていくとのこと。下水処理場での発電に何かアイディアがあれば、ビジネスのチャンスになるかもしれない。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. ~MEDTEC Japan 2017:1~ロボットから「見える手術室」まで

    ~MEDTEC Japan 2017:1~ロボットから「見える手術室」まで

  2. 【実践ソリューションフェア:2】最新事例に見るIoT導入のヒント

    【実践ソリューションフェア:2】最新事例に見るIoT導入のヒント

  3. 【農業ワールド:2】積載UPと自動操縦で効率化!農業ドローン

    【農業ワールド:2】積載UPと自動操縦で効率化!農業ドローン

  4. 【ウェアラブルEXPO】歩けば充電する発電インソール、10秒ごとに位置情報を発信

  5. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  6. 【ウェアラブルEXPO】西陣織の技術が生み出す導電ミシン糸、自然な肌触りで洗濯も可能

  7. 先進的な取り組みが次々と登場、IoTがもたらす未来とは?

  8. 【農業ワールド】農薬を散布できる自動飛行型ドローンが登場

  9. 先端建設技術センターがタイで技術セミナー開催!

  10. メガネスーパーに学ぶ、企業再起のための“三つの方法”

アクセスランキングをもっと見る

page top