「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業 画像 「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

人材

 川崎重工業は25日、神戸工場(神戸市中央区)に開設した安全教育の中核施設「安全道場」を報道陣に公開した。社内で過去に発生した災害事例の再現映像などを通じて、安全に対する意識を高め、基礎知識を習得する目的の施設。全社一律の安全教育として今後、生産に関わる従業員約8000人が順次、同道場で研修を受ける。

 安全道場は2015年12月に運用を始めた。総投資額1億2000万円、延べ床面積約570平方メートル。1回3時間の研修は川重OBが講師を務め、20人が受講する。過去の死亡災害の事例などを映像で見た後、パネル展示で基礎知識を得て、グループ討議で参加者が意識を共有する。

 村上芳之安全保健部長は施設について、「人の”不安全行動“をいかに抑えるかに力点を置いている」と説明している。

川重「安全道場」で鍛える防災の意識

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

    建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  2. ゼネコン各社で女性の新卒採用拡大、17年春入社は18.4%に

    ゼネコン各社で女性の新卒採用拡大、17年春入社は18.4%に

  3. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  4. トヨタ入社式、新入社員1812人 豊田社長「『トヨタ生産方式』と『原価低減』を身につけて」

  5. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  6. 建設コンサル大手14社/18年春採用は新卒、中途とも横ばい/19年春は9社が増員

  7. 丸の内に保育所付き事務所/コトフィス~こどもとはたらくオフィス~

  8. 建設現場の週休2日、労組も活動強化/土曜を当たり前に休もう!

  9. 東洋建設/働き方改革への取り組み強化/19年度末に全作業所で4週6閉所

  10. 技能労働者の若年層減少に歯止め、16年は29歳以下が1.4万人増。処遇改善策が奏功

アクセスランキングをもっと見る

page top