「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業 画像 「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

マネジメント

 川崎重工業は25日、神戸工場(神戸市中央区)に開設した安全教育の中核施設「安全道場」を報道陣に公開した。社内で過去に発生した災害事例の再現映像などを通じて、安全に対する意識を高め、基礎知識を習得する目的の施設。全社一律の安全教育として今後、生産に関わる従業員約8000人が順次、同道場で研修を受ける。

 安全道場は2015年12月に運用を始めた。総投資額1億2000万円、延べ床面積約570平方メートル。1回3時間の研修は川重OBが講師を務め、20人が受講する。過去の死亡災害の事例などを映像で見た後、パネル展示で基礎知識を得て、グループ討議で参加者が意識を共有する。

 村上芳之安全保健部長は施設について、「人の”不安全行動“をいかに抑えるかに力点を置いている」と説明している。

川重「安全道場」で鍛える防災の意識

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

    東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  2. もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

    もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

  3. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

    伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

  4. 三菱ふそう「もしも、世界からトラックが消えたなら」

  5. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

  6. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  7. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

  8. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  9. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  10. 保険会社がスポーツイベントに注力…その背景

アクセスランキングをもっと見る

page top