ガンプラにも注目? 今年の春節で訪日中国人が爆買いするのは 画像 ガンプラにも注目? 今年の春節で訪日中国人が爆買いするのは

インバウンド・地域活性

 ホットリンクグループのトレンドExpressが、2016年の春節に訪日中国人が購入しそうなものを調査した。

 春節は中国の正月で、2016年は2月8日からとなる。調査では、中国のSNS・新浪微博にこの春節に日本旅行に行くと思われる書き込みを行っているユーザー500名にアンケートを実施。「日本で何を買いたいですか?」という質問を行った。

 トップとなったのは「医療品」。2015年の春節にももっとも人気が高かった商品で、今回のアンケートでも人気を維持している。2位にはやはり昨年売れた「化粧品」がランクインしており、医療品とならんで定番ジャンルとなっている。

 変化を感じさせるのは3位に入った「服飾」。今年の春節の時期に冬物のクリアランスセールが重なっていることを、多くのユーザーが認知していることも影響しているようだ。普段は上位に上がってこない「ブランド品」も6位にランクインしており、ファッション関連への注目度が高い。

 また同社はランキングに加えて、春節のヒット商品予測も発表。昨年秋頃から「中国の芸能人も愛用」といった情報発信により人気が上昇している「パンティストッキング」や、定番土産になっている「ダイエットサプリ」などが挙げられている。

 季節商品としては「スケジュール帳」も注目商品。中国では種類が限られており、価格も高価だが、日本では安価なものから高価なものまでさまざまな商品がある。正月である春節に購入し、自分で中国の祝日などを書き込んで使う人も多いという。

 さらに、意外なものとしては「プラモデル」も。「機動戦士ガンダム」シリーズは中国でも人気が高く、プラモデルも需要はあるが、中国では正規品は日本の約5倍と価格が高い。2016年春には「劇場版ガンダムOrigin」の公開も控えており、正規品を安価で購入できる日本で買っていく人も多そうだという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

    みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  2. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  3. 金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

    金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

  7. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  8. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  9. JR東海がリニア坂下非常口新設の公募競争見積もり手続き開始

  10. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

アクセスランキングをもっと見る

page top