高精度プラスチック研磨…秘密兵器は“紙” 画像 高精度プラスチック研磨…秘密兵器は“紙”

マネジメント

 ハードディスク駆動装置(HDD)用プラスチック治工具の研磨精度をルーペで確認する(写真)。目標はバリの厚さ0・1ミリメートル以下。三幸電機製作所は樹脂製品をランナーから切り離すカット工程と0・1ミリメートル以下の精度を出すための研磨工程を人の手で行っている。

 HDD用プラスチック治工具には通電性のある樹脂が使われる。静電気が基板上のICチップに伝わる前に除電するためだ。ランナーから切り外した後、通常は目の細かいサンドペーパーで研磨するが、「通電性素材を使っているため、コンタミ(微細ゴミ)がICをショートさせる可能性がある」(近藤伸二社長)と指摘する。

 コンタミを出さずに研磨できる材料として発見したのが、市販のコピー用紙だった。樹脂製品をコピー用紙に押し当てて目標精度を探る。「頼りになるには経験だけ」と話す。

 同社には入社15年のパート従業員が2人いる。大雪が降った18日には出社が困難な従業員のために、近藤社長が自宅まで迎えに行った。「熟練者は得がたい貴重な戦力だから」と柔和な表情で答える。
 <会社概要> 
▽社長=近藤伸二氏▽所在地=東京都武蔵村山市、042・560・9405▽売上高=3500万円(15年5月期)▽従業員=8人▽創業=65年(昭40)5月

日刊工業新聞では毎週火曜日に「モノづくり支える町工場の技」を連載中

高精度プラ研磨、秘密兵器は“紙”

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

    東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

  3. 【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

    【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

  4. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  5. 2016年の消費トレンド…ペルソナより大局を、競合比較・業界の枠を捨てよ!

  6. 企業の販促活動とコミュニティをマッチング、コスト1万円からのサンプリングを実現

  7. 本日の新聞から:タカタ、ダイセル提携検討…エアバック問題

  8. 日建連、技能者経験蓄積システムで意見書「既存の仕組みと連携を」

  9. 外食業界最大級の展示会、東京ビッグサイトで8月に開催

  10. 物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

アクセスランキングをもっと見る

page top