東北整備局、福島県下郷町の雪よけ用「沼尾シェッド」点検を代行 画像 東北整備局、福島県下郷町の雪よけ用「沼尾シェッド」点検を代行

マネジメント

 ◇複数の損傷確認、15年度内に対応方針
 東北地方整備局は、福島県下郷町が管理する雪よけ用の「沼尾シェッド」の健全度調査を町に代わって実施し、点検結果を公表した。同局職員らで構成する道路メンテナンス技術集団が昨年10月と今月に現地調査などを行い、土砂のたい積やひび割れ、鉄筋露出による防水機能の喪失、歩道の変形などが認められたことから、本体の補強や歩道の撤去を急ぐ必要があると指摘した。町は本年度内にも対応方針を決め、来年度以降、調査や工事を行う。
 老朽化した構造物の点検・診断を行う余力がない地方公共団体に代わり、国が構造物の点検・診断を行う取り組みは、東北では宮下名入線三島大橋補修工事(福島県三島町)に続き2例目。
 下郷町役場には96人の職員がいるが、構造物の点検・診断を担当する土木技術者は1人しかいない状況という。
 今回、東北整備局や国土技術政策総合研究所、土木研究所などの職員が現地を訪れ、目視点検や壁に穴を開けての内部調査などを実施。シェッド上部に土砂がたい積していたほか、梁や支柱に複数のひび割れ、腐食などが進んでいることが明らかになった。
 支柱を固定するグラウト剤が充てんされていない箇所も見つかり、非破壊調査などの高度な確認作業が必要とされた。98年に損傷箇所の補強を行ったが、今回の調査では補強した箇所が再び劣化していることも分かった。町は対応方針を検討しており、必要があれば国に次の詳細な調査や工事を依頼する。
 道路メンテナンス技術集団を地方公共団体に派遣する取り組みは、昨年度から国土交通省が始めた。本年度は下郷町のシェッドのほか、奈良県と佐賀県の橋梁が対象となっている。
 昨年度は三島大橋など全国で合計3橋の点検を行ったが、シェッドを対象としたのは下郷町のケースが初めて。
 沼尾シェッド(延長189メートル)はPC造で、58年ごろ4期に分けて段階的に建設された。所在地は福島県下郷町小沼崎上ハ平。

東北整備局/福島県下郷町の老朽シェッド点検を代行/メンテ技術集団が現地調査

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 日本工営、本社ビル建て替え!グローバル展開加速のシンボルに

    日本工営、本社ビル建て替え!グローバル展開加速のシンボルに

  2. 中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

    中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

  3. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

    いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  4. 国交省が「事業促進PPP方式」の導入効果を整理

  5. “即戦力”外国人建設就労者、3月末までに600人超受け入れに

  6. 東建、廃材の再生利用拡大を都議会自民に申し入れ

  7. TPP協定は日本に必要ですか? 帝国データバンクが企業調査

  8. 野村不HD、新中期計画で複合開発や大規模開発へ注力

  9. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  10. 始業前にストレッチ…ヤマハ発動機が制作

アクセスランキングをもっと見る

page top