社長の平均年齢、過去最高の59.2歳…帝国データバンク 画像 社長の平均年齢、過去最高の59.2歳…帝国データバンク

マネジメント

帝国データバンクは、2015年12月末時点の企業概要ファイル「COSMOS2」から企業114万9108社のデータを抽出し、社長の年齢と2015年の1年間における社長の交代状況について分析した。

前回調査は2015年1月に実施した。

社長の平均年齢を見ると、2015年は59.2歳と過去最高を更新した。1990年以降一貫して上昇しており、社長の高齢化は着実に進展している。この1年間、社長交代があった企業比率は、2015年が3.88%で、3年連続で前年を上回り、リーマン・ショック以来、低下傾向にあった交代率は回復の兆しが見え始めている。

2015年に社長が交代した企業を新旧代表の平均年齢から見ると、前代表が67.0歳、新代表が50.8歳となった。年齢が高齢者に分類される65歳を過ぎた後に代表交代が行われ、平均16.2歳若返りが図られている。

業種別に社長の平均年齢を見ると、最も高かったのは不動産業の61.1歳、次いで、製造業の60.7歳、卸売業の60.2歳が続いた。製造業の平均は60.7歳と、30代や40代の社長が少ないことで平均年齢が押し上げられている。

業種細分類別に社長の平均年齢を見ると、最も高かったのは「貸事務所業」の65.07歳。上位には「土地賃貸」や「貸間業」などの不動産業が多い結果となった。

年商規模別の平均年齢を見ると、「1000億円以上」の60.9歳が最も高くなり、「1億円未満」の60.0歳がこれに続いた。年代別での分布を見ると、60代社長は年商規模が大きいほど多くなり、逆に小規模企業で70代や80歳以上の社長が多くなっている。

都道府県別に見ると、最も平均年齢が高かったのは岩手県で、全国平均を2歳以上上回る61.3 歳。最も低かったのは滋賀県の57.8歳となった。

社長の平均年齢も高齢化、過去最高の59.2歳…帝国データバンク

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  2. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

    「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  3. ネット通販の拡大で「2020年までに物流不動産に対する新規需要が『年間約15万坪』発生する」との予測

    ネット通販の拡大で「2020年までに物流不動産に対する新規需要が『年間約15万坪』発生する」との予測

  4. 盗難対策と在庫管理ができるRFID、スポーツ用品「デカトロン」が導入

  5. サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

  6. 後継者探しや事業引継ぎ、あなたの会社は大丈夫? 中小機構が専用サイトを開設

  7. 首相が厚生年金の未加入対策強化を指示、調査・加入勧奨へ

  8. 最長7年間の防犯カメラ保守サービス、関東でスタート

  9. 従業員が仕事と家庭の両立目的で家事サービスを活用すると都から助成金がもらえる!

  10. 顧客価値経営フォーラムが開催! 日本経営品質賞はスーパーホテルの手に

アクセスランキングをもっと見る

page top