【新電力EXPO】ドローンが空からパネルを点検、太陽光発電のメンテコスト削減へ 画像 【新電力EXPO】ドローンが空からパネルを点検、太陽光発電のメンテコスト削減へ

制度・ビジネスチャンス

 太陽光発電や変電設備などの機器を手掛ける柳井電機工業は27日、東京ビッグサイトで開催中の「新電力EXPO2016」で「YANAI solar copter」に関する展示を行った。

 これはドローンにサーモカメラを取り付け、ソーラー発電所を上空から撮影するというもの。太陽光パネルは何らかの原因で発電が止まると、熱を取込む性質がある。こうした不具合をパネル1枚から確認し、GPSとジャイロセンサーで場所を通知するという仕組みだ。

 同社の社会・産業ソリューション営業部で情報システムチームのリーダーを務める藤田直樹氏によると、パネルの不具合の原因では鳥がフンやくわえた石を落して、パネルを覆ったり破損するというケースが意外と多いという。

「こうした不具合を広大なソーラー発電所で目視によって確認していると、かなりの人的コストが必要になります。ですが、ドローンなら必要なのはオペレーター1人だけ。作業も1日で終わり、パワーコンディショナーの不調など、目視では確認できない不調も見逃しません」

 飛行経路を登録しておけば、ドローンを自動で飛ばして保守を行うこともできるという。事前にパネルの不調が分かれば、点検や掃除も定期的に繰り返すのではなく、必要に応じた運用ができるだろう。

 太陽光発電ではクラウド型の監視システムが利用されているが、それに置き換えての利用を想定しているとのこと。販売前の商品のため試算は行っていないが、月額のクラウドサービスを利用するよりも、メンテナンスコストを抑えられるという。ただし、不具合のあるパネルの交換による発電効率の向上に依存するため、発電所の規模によるところもあるようだ。費用対効果を期待するのであれば、最低でも0.5MWh規模のパネルが必要になるだろう。

 なお、点検のタイミングについては、基本的にはお客様の要望に対応する形になるという。当初は発電量が落ちてきたのを見計らっての、スポット的な需要を見込んでいるとのこと。ドローンの販売も行うので、電気事業者が自らメンテナンスを行ったり、機材を利用してメンテナンス事業を立ち上げるといったケースも考えられる。

 サービス開始は15年4月を予定。ドローンの墜落やそれによる二次被害に向けた保険についても用意するとのことだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

    筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. 群馬県川場村の木質バイオマス発電施設完成、地域資源で地場産業創出

    群馬県川場村の木質バイオマス発電施設完成、地域資源で地場産業創出

  4. 建機大手4社の16年4~9月期決算、全社が減収・営業減益

  5. 国交省が低入札調査の基準額を引き上げ、工事は予定価格の89%に

  6. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  7. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  8. 中小企業の事業承継に、日本的M&Aという新たな選択肢

  9. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  10. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

アクセスランキングをもっと見る

page top