業務用狙う炊飯しやすいお米「東北215号」、宮城県古川農業試験場

インバウンド・地域活性

 宮城県古川農業試験場は、炊飯しやすさを重視した米の系統を選抜した。「東北215号」として2016年度中の品種登録申請を目指す。業務用米の需要を狙い、外食や弁当などの食品メーカーの要望を考慮し、炊飯した時にどの程度かさが増すかを示す「炊き増し適性」や炊飯時間の短さの指標となる「吸水適性」などを評価基準に初めて盛り込み選抜した。
 同試験場は、大手米卸や実需者との意見交換を重ね、評価基準の具体的な項目を設定した。特に多かった「炊きにくい品種がある」「どれだけ炊き増しするのかが分かると助かる」などの意見を考慮して決めた。

 「炊き増し適性」は米を炊いた時、炊飯前と比べて容積がどれだけ増えるかを測る。炊くとご飯の量が多くなる品種を使う方が、そうでない品種を使うよりもコスト削減を狙えるため、炊飯業者へのアピール材料にする。

 「吸水適性」は一定時間内の米の吸水量を把握する。吸水量が多いほど炊飯に時間が掛からないため、炊飯施設の効率を高めることにつながる。

 一連の評価基準に基づき、「コシヒカリ」系統から育成した10系統を評価した。米卸や販売・出荷業者に立ち会ってもらって実際に炊飯し、量の増え方や所要時間を精査した。東北地方で栽培が多い「ひとめぼれ」と比べ、最も優れていると評価を受けた系統を選抜した。「東北215号」として品種登録する予定だ。

 同試験場は「外食・中食が広がっていることを考慮すると、これからの水稲品種は栽培適性はもとより、ご飯にする時の使い勝手の良さが求められる」(作物育種部)と指摘する。

米「東北215号」 炊飯しやすさ重視 業務用狙い系統選抜 宮城県古川農業試験場

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  2. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  6. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  9. 北海道財務局、札幌・琴似住宅跡地売却の入札公告。12月20日まで参加受付

  10. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

アクセスランキングをもっと見る

page top