空きスペースを収益化!「駐車場シェアサービス」が2月にスタート 画像 空きスペースを収益化!「駐車場シェアサービス」が2月にスタート

マネジメント

 駐車スペースを保有するオーナーと駐車場を利用したいドライバーをマッチングする、駐車場シェアサービス「スペイシー駐車場」が2月からスタートする。27日、同サービスを運営する株式会社スペイシーが発表した。

 駐車場として貸し出したいスペースを、貸したい期間・曜日・時間帯だけ、希望の料金で貸し出すという同サービス。スマートフォンで駐車スペースの写真を撮り、特徴を入力するだけで簡単に駐車場掲載ができ、決済や集客、予約管理はサイトが代行するという。

 同社では2013年から会議室・レンタルスペースの検索・予約サービス「スペイシー」を運営。2月にスタート予定の「スペイシー駐車場」は、「スペイシー」の拡張サービスと位置付けている。駐車場の稼働率を上げて収益性を高めると同時に、空いている土地をすぐに駐車場化することが可能。将来の中核事業と位置づけるシェアリング・エコノミー領域の新事業として、「スペイシー駐車場」を提供するとのことだ。

 空きスペースのビジネス活用のみならず、迷惑駐車対策にも効果が期待できそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 埼玉県が在宅ワーカー活用セミナー&マッチング会開催……女性活躍の場を広げる

    埼玉県が在宅ワーカー活用セミナー&マッチング会開催……女性活躍の場を広げる

  2. 【中小企業の『経営論』】第12回:「扉を開けている」だけでは部下はやってこない

    【中小企業の『経営論』】第12回:「扉を開けている」だけでは部下はやってこない

  3. 東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

    東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

  4. CX-3効果? 5月の新車登録台数はマツダが1位――日本自動車販売協会連合会

  5. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  6. 主食用米の生産量は747万トン……生産調整、初の目標達成 

  7. 官公庁施設の設計、「耐震診断」も報酬業務に

アクセスランキングをもっと見る

page top