ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場! 画像 ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

スマート中小企業

 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、ゼンリン、ブルーイノベーションの3者は26日、「無人航空機専用飛行支援地図サービス」の実証実験を開始した。期間は3月中旬までで、4月以降に本格的なサービス開始を予定している。

 同サービスはPCやスマートフォン、タブレットなどを使い、ドローンの飛行可能エリア、飛行禁止エリア、石油コンビナートや発電所などの飛行が危険なエリアを地図で閲覧できるもの。昨年12月から施行された改正航空法で示された空港周辺や人・住宅の密集地など、許可申請が必要なエリアにも対応する。

 また、ブルーイノベーションが開発したユーザーや機体情報の管理機能なども利用可能。実証実験期間中はモニター利用登録を行なうことで、これらの機能を無料で利用できる。ドローンに特化した飛行支援地図サービスとして日本初をうたう。

 ドローンの安全な利用に向けては、双葉電子工業(千葉県茂原市)、日本航空学園(山梨県甲斐市)、デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー(東京都千代田区)、NECフィールディング(東京都港区)、五光物流(茨城県筑西市)、サイトテック(山梨県甲府市)、日本DMC(静岡県沼津市)など、各地でドローン操縦者・安全運航管理者の養成スクールが開講するほか、ドローン検定協会ではドローンの操縦に必要な知識を客観的に評価する「無人航空従事者試験(ドローン検定)」を実施している。

 また、損害保険ジャパン日本興亜や東京海上日動火災保険では、JUIDAの認定スクールで資格を取得した操縦者、および安全運航管理者が所属する企業を対象に、専用の保険制度を展開。ドローンは関連ビジネスが徐々に広がりつつある。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

スマート中小企業 アクセスランキング

  1. HANJO HANJO、新サービス「Staple Pulse」を開始

    HANJO HANJO、新サービス「Staple Pulse」を開始

  2. 【HJ HJ EYE:5】シェアリングエコノミーはビジネスをどう変えるのか?

    【HJ HJ EYE:5】シェアリングエコノミーはビジネスをどう変えるのか?

  3. 「ものづくり中小企業」の真のつよみ

    「ものづくり中小企業」の真のつよみ

  4. 【動画PRの成功術:1】プロに学ぶ成功への5つのプロセス

  5. 「東工大の黒い壁」が進化、契約電力が減ったのは太陽光を主力電源にした成果

  6. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

  7. 「日の丸パソコン」構想はなぜ頓挫したのか。破談の先にあるもの

  8. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  9. 滋賀県・JAおうみ富士とパナソニック、農薬判定や栽培データを共有・管理する農業管理システムの実証実験開始

  10. 【HJ HJ EYE:4】中小企業の未来を変えるフィンテック

アクセスランキングをもっと見る

page top