【回転窓】教育の受益者は誰か 画像 【回転窓】教育の受益者は誰か

人材

 「教育の機会均等」は、日本のような先進国なら疑う余地のない価値観だと思うが、昨今は必ずしもそうではないらしい▼先日の大学入試センター試験を皮切りに受験シーズン本番を迎え、驚かされるのが受験料の高さである。私立大だと3万5000円ほどが相場。センター試験ですら1万8000円も取る。多くの受験生が併願することを考えれば、家計の負担は相当なものだろう▼首尾良く合格すると、私立大なら100万円を優に超す初年度納付金が待つ。奨学金を借りた人には卒業後、利息を付けて取り立てるというから恐ろしい。これではとても「機会均等」は無理ではないか▼日本は国内総生産に占める教育機関への公的支出の割合が先進国の中でも最低とされる。公的支出の多寡には、教育の受益者を個人と見るか、あるいは将来の社会全体と考えるか、その違いが表れよう▼似たような例がある。建設業の若い担い手の確保に官民が一体となって取り組むのは、それが一企業を越えて将来の建設産業全体の利益になるからだろう。教育は個人への投資か社会への投資か。答えは自明と思われるが。

回転窓/教育の受益者は誰か

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 事業承継と親族後継者の「学び」

    事業承継と親族後継者の「学び」

  3. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  4. 全国各地へU・Iターン! 転職イベントが1月30日に東京で開催

  5. 社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画!!

  6. 建設現場の「快適トイレ」導入推進へ。臭い対策も

  7. 中部整備局で現場パト「けんせつ小町隊」が結成! 女性が働きやすい現場づくりへ

  8. 【HANJO女子】女性だからといってひるむ必要は全くない

  9. 2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

  10. 【社歌コン 応募社の横顔:16】一社員の願いが歌に-岡山のスポーツクラブ

アクセスランキングをもっと見る

page top