スバル アイサイトはやはり安全?…追突事故は8割減 画像 スバル アイサイトはやはり安全?…追突事故は8割減

インバウンド・地域活性

富士重工業は1月26日、2010年度から2014年度に国内販売したスバル車の人身事故件数についての調査結果を発表した。

調査は富士重工が、交通事故総合分析センター(ITARDA)のデータを基に独自算出したもの。2010年度から2014年度に国内販売したスバル車のうち、アイサイト搭載可能モデル(搭載車24万6139台、非搭載車4万8085台)の人身事故件数をその発生状況毎に分類した。

調査結果によると、アイサイト搭載車は非搭載車に対し、1万台当たりの件数が、車両同士の追突事故では約8割減、対歩行者事故では約5割減、調査対象全体では約6割減であることが分かった。

アイサイト搭載車は国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、すべての車種が最高ランクであるJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得しており、今回の調査結果はその高い評価を裏付けるものとなっている。

スバル アイサイト搭載車の事故件数、非搭載車の6割減…追突事故は8割減

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  2. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

    リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  3. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  5. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  6. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 中野二丁目地区再開発、低層部には商業施設

  9. 名古屋市・JRゲートタワーが完成。地下5・6階にはリニア中央新幹線!

  10. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

アクセスランキングをもっと見る

page top