大阪府都市整備局、橋梁・トンネルでもネーミングライツを受付 画像 大阪府都市整備局、橋梁・トンネルでもネーミングライツを受付

インバウンド・地域活性

 大阪府都市整備部は、橋梁とトンネルの命名権(ネーミングライツ)事業に乗り出す。10年2月から歩道橋のネーミングライツのパートナー企業を募集し、得た収入を道路施設の維持管理費に充てており、その対象施設を拡大することになった。橋梁は129橋で、トンネルは30カ所。契約期間は5年間。募集期間は3月22日まで。橋梁の桁面とトンネル出入り口付近の標識に企業名を記載できる。
 ネーミングライツの対象を橋梁・トンネルにまで拡大したのは、都市整備部所管施設をさらに有効活用し、道路の維持管理費の自主財源を増やすために企画。
 1施設当たりの募集契約料は年額30万円以上。契約料とは別に橋梁・トンネルの通称名の標示と、契約期間満了後の標示消去経費はパートナー企業が負担する。
 対象となる橋梁・トンネルの詳細は管理している池田、茨木、枚方、八尾、富田林、鳳、岸和田の各土木事務所まで問い合わせる。
 募集要項に関する問い合わせ先は都市整備部交通道路室道路環境課環境整備グループ(電話06・6944・9291)。

大阪府都市整備局/橋梁・トンネルでもネーミングライツ/3月22日まで応募受付

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  6. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  7. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  10. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top