大阪府都市整備局、橋梁・トンネルでもネーミングライツを受付 画像 大阪府都市整備局、橋梁・トンネルでもネーミングライツを受付

インバウンド・地域活性

 大阪府都市整備部は、橋梁とトンネルの命名権(ネーミングライツ)事業に乗り出す。10年2月から歩道橋のネーミングライツのパートナー企業を募集し、得た収入を道路施設の維持管理費に充てており、その対象施設を拡大することになった。橋梁は129橋で、トンネルは30カ所。契約期間は5年間。募集期間は3月22日まで。橋梁の桁面とトンネル出入り口付近の標識に企業名を記載できる。
 ネーミングライツの対象を橋梁・トンネルにまで拡大したのは、都市整備部所管施設をさらに有効活用し、道路の維持管理費の自主財源を増やすために企画。
 1施設当たりの募集契約料は年額30万円以上。契約料とは別に橋梁・トンネルの通称名の標示と、契約期間満了後の標示消去経費はパートナー企業が負担する。
 対象となる橋梁・トンネルの詳細は管理している池田、茨木、枚方、八尾、富田林、鳳、岸和田の各土木事務所まで問い合わせる。
 募集要項に関する問い合わせ先は都市整備部交通道路室道路環境課環境整備グループ(電話06・6944・9291)。

大阪府都市整備局/橋梁・トンネルでもネーミングライツ/3月22日まで応募受付

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  3. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  4. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  5. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  6. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  7. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  10. 藤田観光が箱根小涌園を再開発、多様化する「個」のニーズに対応

アクセスランキングをもっと見る

page top