「海外進出したら商標権でトラブルに!」を防ぐために 画像 「海外進出したら商標権でトラブルに!」を防ぐために

海外進出

 特許庁は3月1日、「第3回TM5悪意の商標出願セミナー」を開催する。会場は日本橋三井ホール(東京都中央区日本橋室町2)。参加費は無料。定員は400名程度で、公式ホームページでの事前登録制(先着順)となる。

 同庁では米国、欧州、中国、韓国の特許関連機関とともに「商標五庁(TM5)」の取り込みに参画しており、同セミナーはこの活動の一環。企業や商品・サービスの国境がなくなりつつある今日、他国で商標登録されているものが自国で商標登録されていない場合、第三者が悪意によりその商標を登録しようとする「悪意の商標出願」が発生している。同セミナーをこれをテーマにしたものだ。

 「悪意の商標出願」の事例として、「iOffice2000」事件がある。これは、外国でよく知られている「Office2000」の商標が国内で登録されていなかったことから、同ソフトとは関係ない第三者が商標を出願したケースとなる。これにより、「Office2000」権利者に商標を高額で買い取らせたり、「Office2000」権利者の国内参入を阻むといった事態となった。

 「メイド・イン・ジャパン」を海外に売り込もうとした際、売り込み先の国において、商標権の出願で先を越され、トラブルになるようなことは未然に防ぎたい。同セミナーでは、有識者による基調講演のほか、TM5の担当者により、各国・地域における「悪意の商標出願」の最新事例を紹介する。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  3. 日本酒「天狗舞」、「満寿泉」を海外へ売り込め!産学連携で日本酒輸出の流通経路を可視化へ

    日本酒「天狗舞」、「満寿泉」を海外へ売り込め!産学連携で日本酒輸出の流通経路を可視化へ

  4. リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

  5. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  6. ミャンマー ダウェイ経済特区について日本・タイ・ミャンマー政府が開発協力に合意

アクセスランキングをもっと見る

page top