農福連携で初の事業、働く障害者支援、厚労省

人材

 厚生労働省は2016年度から、農業分野で働く障害者の支援に乗り出す。農業技術や6次産業化で指導や助言ができる専門家の派遣、農産物や加工品のマルシェ(即売会)の開催に対して、経費を補助する。障害者の職域を広げることで、収入(工賃)源として期待するとともに、農業の担い手不足の解消につなげる。同省が農福連携に特化した事業を手掛けるのは初めて。
 16年度予算案で「農福連携による障害者の就農促進事業」として1億1000万円を計上した。実施主体の都道府県に対し、国が100%補助する。都道府県は社会福祉法人やJAに取り組みを委託することもできる。派遣する専門家にはJAのOBやベテラン農家らを想定。マルシェの開催で、障害者の働く力と農業の良さを消費者にPRする。

 全国の障害者就労施設が工賃向上の新しい手法として、農業や農産加工への関心を高めている。同省は「栽培管理の方法や農業の知識がなく、困っているケースが多く、支援が求められていた。一方で、農村は人手不足。障害者が支え手になれば、両者にとってメリットが大きい」(障害福祉課)と説明する。20年の東京五輪・パラリンピックの開催に向け、対外的に農福連携をアピールしたい考えだ。

農福連携で初の事業 働く障害者支援 厚労省

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 自民議連・石破茂会長「このままでは左官職人いなくなる」。就業者激減に危機感

    自民議連・石破茂会長「このままでは左官職人いなくなる」。就業者激減に危機感

  2. 【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

    【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

  3. アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

    アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

  4. 建設産業での担い手確保・育成――担い手3法の本格運用元年、国交省

  5. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  6. 「イクメン企業アワード2016」に見る、育児休業取得促進のヒント

  7. 広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

  8. 個人の健康診断結果に合わせた情報発信……KenCoM

  9. 熊谷組、女性技術者の定着率向上へ。ネットワーク作りも支援

  10. 2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

アクセスランキングをもっと見る

page top