幸せの国・ブータンの経産相、電気自動車の普及へ前向き 画像 幸せの国・ブータンの経産相、電気自動車の普及へ前向き

海外進出

 来日中のブータンのノルブ・ワンチュク経済相は19日までに日刊工業新聞社の取材に応じ、自国における電気自動車(EV)普及の可能性に触れ、「首都(ティンプー)だけでも走っている車両はすべてEVにする夢はある」と述べた。ブータンの国土は九州と同程度で、「1日の自動車の平均走行距離は60キロメートル。EVの課題である走行距離の短さは問題にならない」と語った。

 ブータンは火力に使う化石燃料をインドからの輸入に頼り、自国の水力発電で生産した電力は7―8割をインドへ輸出する。ワンチュク経済相は「将来は水力で生産した電力をEVに使いたい。温室効果ガスを排出せず、究極のエコを実現できる」とした。

 日本の自動車メーカーでは、日産自動車と三菱自動車が2014年に同国へEVを数台提供し、普及に向け協力することを公言している。ワンチュク経済相は「日本の支援で急速充電器を4、5台設置する見込みだが、全国規模では150台必要だ」と指摘。「急速充電器でも日本のさらなる支援をお願いしたい」とした。

幸せの国・ブータンの経産相が語る究極のエコ

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

    トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  3. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  4. スズキ、アセアン地域向けに二輪車の新型モデルを発表

  5. パックご飯が欧米で人気沸騰中!

  6. リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

  7. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  8. IIS、インド貨物鉄道17橋の建設210億円で受注……ベトナムなど海外橋梁建設に実績

  9. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  10. 日本発、「ピコ太郎」がアジアを席捲!

アクセスランキングをもっと見る

page top