京セラTCL、千葉の世界最大出力の水上設置型メガソーラーが起工 画像 京セラTCL、千葉の世界最大出力の水上設置型メガソーラーが起工

インバウンド・地域活性

 京セラと東京センチュリーリース(東京都千代田区)が共同出資する京セラTCLソーラー合同会社(東京都千代田区)は、千葉県市原市の山倉ダムで、大規模太陽光発電所「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」=完成イメージ=の建設に着手し、21日に現地で安全祈願祭を開いた。想定出力は約13・7メガワットで、水上設置型としては世界最大規模となる。17年の稼働開始を目指す。設計・施工は京セラコミュニケーションシステム、維持管理は京セラソーラーコーポレーションが担当する。
 建設地は、千葉県企業庁が管理する工業用水専用の山倉ダムの水面(約18ヘクタール)。京セラ製の太陽電池モジュールを約5万1000枚設置する計画。年間予想発電量は約1617万キロワット時(一般家庭約4970世帯分の年間電力消費量)で、二酸化炭素の排出量を年間約8170トン削減できる見込みだ。
 県企業庁が14年に、地球環境への負荷軽減などを目的とする事業を公募し、京セラTCLソーラーを事業候補者に決定した。同社は、発電所周辺に環境学習施設を整備するほか、近隣の小学校で環境出前授業を計画。地域貢献活動にも力を入れる方針だ。

京セラTCL合同会社/世界最大出力の水上設置型メガソーラー(千葉県市原市)が起工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

    阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  3. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m!

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(2)

  8. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  9. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  10. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

アクセスランキングをもっと見る

page top