「凡百の議論より実践」を好んだ住友グループの顔、堀田庄三 画像 「凡百の議論より実践」を好んだ住友グループの顔、堀田庄三

マネジメント

 「凡百の議論より実践」―。19年もの長期間、住友銀行(現三井住友銀行)の頭取を務め、“住銀の法皇”として知られたのが堀田庄三。当時の4大銀行最下位にあった住銀をトップバンクに育て上げたほか、住友グループの重鎮として、強烈な指導力を発揮した。

 愛知県名古屋市生まれ。若い頃は小説家、京都帝国大学(現京都大学)時代は外交官を志望した堀田だが、1926年住銀に入行。

 大蔵省(現財務省)や日銀を担当する「MOF担」の先駆的存在として知られた。52年、頭取に就任すると、当時の銀行業界にはびこっていた横並び意識を打破すべく、「堅実・健全な経営」「情実・因縁にとらわれない合理的かつ公正な経営の貫徹」「凡百の議論より実践」という3カ条を策定。合理化と効率化を徹底した。

 堀田が打ち出した戦略経営のひとつが、“外延企業作戦”。住友直系だけでなく、松下電器産業(現パナソニック)や武田薬品工業、コマツ、ブリヂストンといったグループ外の主要企業に対して取引を拡大。そんな“堀田イズム”は収益力最高の銀行を築き上げ、住銀の「中興の祖」となった。

 財界活動では、日本特殊鋼管(現新日鉄住金)社長の大塚万丈らとともに、経済同友会設立に奔走。47年に代表幹事を務めたほか、住友グループの重鎮として住友家評議員会委員長などを歴任。“住友の顔”と言える。
(敬称略)

※日刊工業新聞では毎週金曜日に「近代日本の産業人」を連載中

「凡百の議論より実践」を好んだ住友グループの顔

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省、建設業版「生産管理モデル」構築、担い手施策の予算も

    国交省、建設業版「生産管理モデル」構築、担い手施策の予算も

  2. ゼネコン上場大手4社、全社が増収・営業増益

    ゼネコン上場大手4社、全社が増収・営業増益

  3. 三井不動産レジデンシャルら3社、横浜市中区に58階建て複合ビル計画

    三井不動産レジデンシャルら3社、横浜市中区に58階建て複合ビル計画

  4. 協和エクシオ、測位ベンチャー完全子会社化…G空間ビジネス本腰

  5. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  6. 佐藤工業、新社長就任…社員と職人の技術力融合で成果めざす

  7. 「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長

  8. 職場のトラブルメーカーは上司? 同僚? 部下?

  9. 設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

  10. 東京都建設局、週休2日モデル工事でQ&A作成、工事成績での加点も検討

アクセスランキングをもっと見る

page top