「凡百の議論より実践」を好んだ住友グループの顔、堀田庄三 画像 「凡百の議論より実践」を好んだ住友グループの顔、堀田庄三

マネジメント

 「凡百の議論より実践」―。19年もの長期間、住友銀行(現三井住友銀行)の頭取を務め、“住銀の法皇”として知られたのが堀田庄三。当時の4大銀行最下位にあった住銀をトップバンクに育て上げたほか、住友グループの重鎮として、強烈な指導力を発揮した。

 愛知県名古屋市生まれ。若い頃は小説家、京都帝国大学(現京都大学)時代は外交官を志望した堀田だが、1926年住銀に入行。

 大蔵省(現財務省)や日銀を担当する「MOF担」の先駆的存在として知られた。52年、頭取に就任すると、当時の銀行業界にはびこっていた横並び意識を打破すべく、「堅実・健全な経営」「情実・因縁にとらわれない合理的かつ公正な経営の貫徹」「凡百の議論より実践」という3カ条を策定。合理化と効率化を徹底した。

 堀田が打ち出した戦略経営のひとつが、“外延企業作戦”。住友直系だけでなく、松下電器産業(現パナソニック)や武田薬品工業、コマツ、ブリヂストンといったグループ外の主要企業に対して取引を拡大。そんな“堀田イズム”は収益力最高の銀行を築き上げ、住銀の「中興の祖」となった。

 財界活動では、日本特殊鋼管(現新日鉄住金)社長の大塚万丈らとともに、経済同友会設立に奔走。47年に代表幹事を務めたほか、住友グループの重鎮として住友家評議員会委員長などを歴任。“住友の顔”と言える。
(敬称略)

※日刊工業新聞では毎週金曜日に「近代日本の産業人」を連載中

「凡百の議論より実践」を好んだ住友グループの顔

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 女性が働きやすい職場、管理職の意識改革――静岡市がアドバイザーを無料派遣

    女性が働きやすい職場、管理職の意識改革――静岡市がアドバイザーを無料派遣

  2. 15年業種別「顧客満足度No.1ブランド」が決定!

    15年業種別「顧客満足度No.1ブランド」が決定!

  3. リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

    リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

  4. 靴の上に履くJIS準拠の「安全靴」――山善『フットプロテクター』

  5. 経営者・幹部・人事担当者が学び、交流――19日から人材活用イベント開催

  6. 産休・育休、男女別トイレ設置……女性活躍へむけ建設業界の意識変革進む

  7. 【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

  8. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

  9. 国内トラック市場好調「カーゴ系が牽引」…日野自動車 梶川専務

  10. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

アクセスランキングをもっと見る

page top