建設現場の生産性向上で国交省と日建連連携で推進 画像 建設現場の生産性向上で国交省と日建連連携で推進

マネジメント

 国土交通省と日本建設業連合会(日建連)は、建設現場の生産性を抜本的に向上させる「i-Construction」の推進で相互に連携することを確認した。20日に開いた意見交換会フォローアップ会議で、生産性向上に向けた取り組みを双方から報告。この中で国交省は、東北地方整備局が管内の自治体や業界団体を交えた「東北震災復興のための連絡会議」を設置したことを説明。他の地方整備局でも今後、同様の推進体制を速やかに立ち上げ、全国的な体制を構築するとした。
 本年度のフォローアップ会議は3回目。生産性向上に特化した議論は今回初めて行われた。
 国交省からは、「情報通信技術(ICT)の全面的な活用」「規格の標準化」「施工時期の平準化」を柱とするi-Constructionの取り組み状況を報告した。昨年12月15日に第1回会合を開いた有識者委員会が本年度末までに、生産性向上の方向性をまとめた報告書を作成。16年度から必要な監督・検査などの新たな基準を導入し、段階的に実施する。
 日建連からは、プレキャスト(PCa)化の推進、機械式鉄筋定着工法のガイドラインの検討状況、機械式鉄筋継ぎ手や高流動コンクリートの採用に向けた検討状況、ICTの活用推進に向けた課題を報告。その上で、生産性向上を図るこれらの取り組みを推進するために、発注者としての条件整備などについて、国交省に要望事項を伝えた。
 この中で、PCa製品やICTの導入効果を高めるため、設計に施工者の提案を反映できる設計・施工一括方式やECI(アーリー・コントラクター・インボルブメント)方式の採用のほか、発注ロットの拡大など入札契約制度面の対応を要望。ICTを活用した施工で創意工夫が評価される場合には、工事成績評点の加点などインセンティブの付与も求めた。
 会合で国交省の五道仁実官房技術調査課長は「石井啓一国交相は、今年を『生産性革命元年』と提唱している。i-Constructionは、夢があり、希望の持てる建設現場とするのが狙いだ。関係機関の皆さんの意見を聞いて進めていきたい」と述べた。

国交省/i-Con、全整備局に推進体制構築/生産性向上、日建連との連携確認

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. “しくじり”起業家求む! 福島銀行らが再チャレンジ起業に特化した「福活ファンド」を設立

    “しくじり”起業家求む! 福島銀行らが再チャレンジ起業に特化した「福活ファンド」を設立

  2. 西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募

    西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募

  3. 「歩切り」ほぼ根絶、11月時点で実施は3団体に、端数処理が焦点

    「歩切り」ほぼ根絶、11月時点で実施は3団体に、端数処理が焦点

  4. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  5. やりがいある飲食企業1位にスタバ、その秘密は?

  6. 虎ノ門一丁目地区再開発、1月6日に都が組合設立を認可

  7. 埼玉県川口市、「新庁舎建設基本設計・1期棟実施設計等業務」を山下設計に委託

  8. 【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

  9. 日立オートモーティブ、中国内市場向けに自動車機器システム会社を設立

  10. ピーエス三菱、知名度向上へ現場見学会などで「橋カード」配布

アクセスランキングをもっと見る

page top