建設現場の生産性向上で国交省と日建連連携で推進 画像 建設現場の生産性向上で国交省と日建連連携で推進

マネジメント

 国土交通省と日本建設業連合会(日建連)は、建設現場の生産性を抜本的に向上させる「i-Construction」の推進で相互に連携することを確認した。20日に開いた意見交換会フォローアップ会議で、生産性向上に向けた取り組みを双方から報告。この中で国交省は、東北地方整備局が管内の自治体や業界団体を交えた「東北震災復興のための連絡会議」を設置したことを説明。他の地方整備局でも今後、同様の推進体制を速やかに立ち上げ、全国的な体制を構築するとした。
 本年度のフォローアップ会議は3回目。生産性向上に特化した議論は今回初めて行われた。
 国交省からは、「情報通信技術(ICT)の全面的な活用」「規格の標準化」「施工時期の平準化」を柱とするi-Constructionの取り組み状況を報告した。昨年12月15日に第1回会合を開いた有識者委員会が本年度末までに、生産性向上の方向性をまとめた報告書を作成。16年度から必要な監督・検査などの新たな基準を導入し、段階的に実施する。
 日建連からは、プレキャスト(PCa)化の推進、機械式鉄筋定着工法のガイドラインの検討状況、機械式鉄筋継ぎ手や高流動コンクリートの採用に向けた検討状況、ICTの活用推進に向けた課題を報告。その上で、生産性向上を図るこれらの取り組みを推進するために、発注者としての条件整備などについて、国交省に要望事項を伝えた。
 この中で、PCa製品やICTの導入効果を高めるため、設計に施工者の提案を反映できる設計・施工一括方式やECI(アーリー・コントラクター・インボルブメント)方式の採用のほか、発注ロットの拡大など入札契約制度面の対応を要望。ICTを活用した施工で創意工夫が評価される場合には、工事成績評点の加点などインセンティブの付与も求めた。
 会合で国交省の五道仁実官房技術調査課長は「石井啓一国交相は、今年を『生産性革命元年』と提唱している。i-Constructionは、夢があり、希望の持てる建設現場とするのが狙いだ。関係機関の皆さんの意見を聞いて進めていきたい」と述べた。

国交省/i-Con、全整備局に推進体制構築/生産性向上、日建連との連携確認

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

    リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

  2. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  3. 激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

    激戦区北海道でヒット商品を生み出した個人商店の経営哲学――ふらの牛乳プリン

  4. 農産物・食品輸出、過去最高3547億円に リンゴ、牛肉、米伸びる

  5. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

  6. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  7. 国交省、積算作業の簡素化とミス防止に向け新方式を検討

  8. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  9. 自撮り機能など搭載、多機能自販機 キリンビバレッジが展開

  10. 「木造住宅向けリング摩擦ダンパー」をE&CS・飛島建設・ニッパツが共同開発

アクセスランキングをもっと見る

page top