兵庫県・芦屋高校跡地、老人ホームとして活用で事業予定者決定 画像 兵庫県・芦屋高校跡地、老人ホームとして活用で事業予定者決定

インバウンド・地域活性

 兵庫県芦屋市は、07年3月に廃校した市立芦屋高校の跡地(剱谷9)を対象にした事業提案募集で、アーク不動産グループの提案を選び、事業予定者に決めた。サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームの建設を提案しており、市議会で議決後、土地売買契約を締結し、3月末にも引き渡す。2者が提案書を提出した。
 事業名は「市立芦屋高校跡地活用事業」。跡地は市北部の高級住宅地近くにあり、面積は1万7692平方メートル。用途地域は第1種中高層住居専用地域(建ぺい率60%、容積率200%)。第2種高度地区(最高高さ15メートル)や芦屋景観地区、六甲山風致地区(第3種)、宅地造成工事規制区域に指定されている。校舎は撤去済み。
 景観地区としての制限や隣接する学校に配慮するのに加え、既存樹木の活用や緑地の確保などを条件に提案を募集。アーク不動産とユニマットリタイアメント・コミュニティーグループと、日本ロングライフの2者が提出し、学識者らで構成する選定委員会がプレゼンテーションを踏まえ、施設計画や企画力、買い取り希望価格などを総合的に評価した結果、最高得点を獲得したアーク不動産グループの提案を選んだ。
 同グループの提案によると、長屋式のサービス付き高齢者向け賃貸住宅(平屋16戸)や2階建てのサービス付き高齢者向け賃貸住宅(32戸)のほか、住宅型有料老人ホーム(45戸)の建設を計画している。今後、提案をもとに設計や各種手続きを進め、5年以内に完成させる。

兵庫県芦屋市/芦屋高校跡地活用/事業予定者にアーク不ら2社グループ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

    相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  2. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  3. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

    川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  4. 小田急グループ、御殿場アウトレット内にホテルと温泉施設を建設

  5. 長崎県大村市で一体型図書館・市歴史資料館、中心市街地ににぎわいを創出

  6. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  7. 国のかたちを考える2018/野村総合研究所顧問 増田寛也氏

  8. 私立大学の地方創生、私大連盟加盟の72.3%が取り組む

  9. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  10. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top