沖縄県、延べ8万平米の大型国際イベント施設建設 画像 沖縄県、延べ8万平米の大型国際イベント施設建設

インバウンド・地域活性

 沖縄県は、本島東海岸に計画している大型MICE(国際的イベント)施設の概要を発表した。約3万平方メートルの展示場を中心に構成し、規模は延べ約8万平方メートル。別途、延べ約5万平方メートルの立体駐車場も建設する。事業手法はDBO(設計・建設、維持管理・運営の一括発注)方式を採用する予定で、今夏に事業者を公募し16年度中に決定。17年度の着工、20年度の供用を目指す。施設整備費は500億~700億円台を見込んでいる。
 建設地は与那原町と西原町にまたがる中城湾港マリンタウン地区。
 展示場の面積については、当初は2万平方メートル規模を検討したが地元経済界などの要望を受け拡張を決めた。展示場以外には約7500平方メートルの多目的ホールや20~30室の中小会議室を設け、展示場と多目的ホールなどを一体的に利用することで約4万平方メートルの展示面積を確保できるとしている。別棟で計画している立体駐車場は4層5段で2000台を収容する。
 5000人規模の会議、分科会、併設展示会を同時開催でき、アジアや国内外の大型化する学会や約2万7000人規模のコンサートなどにも対応できる施設とする。
 事業手法は維持管理・運営期間20年程度のDBO方式を予定。2月上旬に公募要項の作成や事業者選定の支援を行うアドバイザリー業務の委託先を選定する公募型プロポーザルを公告し、同月中にも業務を委託する。
 16年度中に事業者を決め設計に入り、17年度の着工、那覇空港の増設滑走路の供用や東京オリンピック・パラリンピックに合わせ20年度の供用を目指す。
 民間活力導入可能性調査業務は野村総合研究所・日建設計JVが担当している。

沖縄県/大型MICE施設建設/延べ8万平米想定、16年夏に事業者公募

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  2. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  7. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  8. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  9. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

  10. 叡山電鉄、2018年春に観光用の「楕円電車」導入へ

アクセスランキングをもっと見る

page top