新幹線型ヘルメット、予想以上の売れ行き 画像 新幹線型ヘルメット、予想以上の売れ行き

インバウンド・地域活性

カーAV取付キットなどを販売するカナック企画(本社・東京都葛飾区)は、「町工場見本市2016」に新幹線をデザインした子供用ヘルメットを出展。そのヘルメットが人気を集め、予想以上の売れ行きだという。

同社は昨年3月、「はやぶさ」「こまち」「かがやき」の3種類の新幹線ヘルメットを発売。特にかがやきは北陸新幹線が開業したこともあって、話題を呼び大ヒット。それが他のヘルメットにも波及し、お客から「ドクターイエロー」も出してほしいとの声が上がり、急遽追加したほど。価格は3500円だ。

「いまでも月に500~600個売れています。初年度の目標が6000個でしたが、この分では軽く超えそうです。特におじいさんやおばあさんが孫のために買っていくケースが多いです」と同社関係者は話す。

現在、大手家電量販店やGMS(総合スーパー)、自転車店の一部で販売しているが、今後は販売網を日本全国へ広げていき、「2年目は1万個以上を売りたい」と同社関係者は意気込む。そのほか新幹線デザインの傘やUSBメモリーも販売しており、USBメモリーについては大人が収集のためにまとめて買っていくケースが多いそうだ。

【町工場見本市16】新幹線デザインの子供用ヘルメット、予想以上の売れ行き…カナック企画

《山田清志》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

    外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  6. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  7. 富裕層インバウンドの法則その4

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 自民党幹事長・二階俊博氏に聞く。糸魚川大火の対応は迅速だったのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top