海底土砂の掘削時に効率的に海水除去、若築建設が新装置 画像 海底土砂の掘削時に効率的に海水除去、若築建設が新装置

インバウンド・地域活性

 若築建設は、グラブ式浚渫工法を効率化する新装置を開発した。グラブバケットで海底の土砂をすくう時に余分な海水を取り除く装置で、グラブ上面のふたの内側にゴム製の袋体を取り付ける。膨らませた袋体の体積分だけ水を排除でき、正確な量の浚渫を可能にする。国土交通省近畿地方整備局発注の浚渫工事に導入し、有効性を確かめた。薄層浚渫の仕上げ掘りを中心に積極的に採用を提案していく。
 浚渫工事では最初に、浚渫する層の厚さを決める。一度で浚渫することが難しい場合、同じ場所でも複数回に分けて浚渫作業を行う。その場合、最後の仕上げでは、残った土層が薄く、浚渫作業を行うとグラブ内に多くの水が入った状態となることも少なくない。
 多くの水が含まれた状態で、グラブを水面上まで引き上げて水を排水後、グラブ内の土砂を集積すると作業に時間がかかる。十分に排水せずに集積すると、脱水や濁水処理に多くの時間と費用を費やすことになる。
 開発した「余水排水装置」は、グラブを閉じて水中の土砂などをすくう際に、土砂などと一緒にすくったグラブ内の余水を外部に排出できる。袋体には空気や液体を注入でき、任意に容量の調整が可能。ふたのあるグラブバケットであれば仕様を問わず装着できる。
 グラブ船の水中ポンプまたはコンプレッサーでエアホース、耐圧ホースを通じて空気や液体などの流体を袋体に送ることで、離れた場所から袋体の形状を任意に変化させることもできる。この方法では、袋体をしぼませた状態で土砂をつかみ、グラブを閉じたまま中の袋体を膨らませることで排水。グラブに浮力を持たせることで海上への上昇も素早くできるようになる。
 バケット上面のふたをフラップ式にして容量を減らすタイプや、ふたをボルト止めにし、止める位置を変えて容量を減らすタイプに比べ、排水作業の時間を短縮できる。
 近畿地方整備局の「神戸港六甲アイランド地区航路・泊地(マイナス16メートル)浚渫工事(三工区)」(工期15年11月4日~16年1月29日)に導入。工区内で薄層浚渫する面積が最も多い浚渫船のグラブバケット内に装着した。袋体は18基(直径500ミリ×長さ1・0メートル)で体積は合計約3立方メートル。1回の浚渫で確実に約3立方メートルの余水を排除できたという。

若築建設/グラブバケットの余水排水装置開発/ゴム製袋体設置、効率良く浚渫

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  9. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  10. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top