健康経営に取り組む25社、経産省と東証が選定 画像 健康経営に取り組む25社、経産省と東証が選定

人材

 経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「健康経営銘柄」の2016年版が決定した。2年目となる今回は25社が選ばれている。

 健康経営銘柄とは、従業員らの健康監理を経営的な視点で考え、戦略として実践していく企業を選定、顕彰する制度。健康経営による企業価値の向上や、投資家の健康経営への理解と評価を高めることを目的としている。

 選定は東京証券取引所の上場企業から、業種区分ごとに1社を選ぶ仕組み。経済産業省が実施した「平成27年度 健康経営度調査」の回答結果を企業理念や体制、施策など5つの観点で評価する。

 今回初選定となった企業は住友林業や塩野義製薬など全11社。アサヒグループホールディングスやローソンなど、全14社が2年連続の選定となった。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 事業承継と親族後継者の「学び」

    事業承継と親族後継者の「学び」

  2. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  3. NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと

    NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと

  4. 清水建設が2年連続ベア実施、定昇と合わせ平均3.2%アップ

  5. 建設各社で入社式。キーワードは「自己研さん」「自分磨き」

  6. 「働き方改革」国交相との意見交換、トラック・バス・タクシー自動車運送事業者団体の主張

  7. 看護職の魅力伝える 看護師が高校で出前授業

  8. HJHJアーカイブス:05「大ヒット『逃げ恥』に知る、若者の契約観」

  9. アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

  10. 迫る中小経営者の大量引退時代。廃業ラッシュは食い止められるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top