おもてなしロボット、オリンピック導線設計にも…研究会が実験 画像 おもてなしロボット、オリンピック導線設計にも…研究会が実験

IT業務効率

 芝浦工業大学と産業技術大学院大学、首都大学東京らで構成される「ベイエリアおもてなしロボット研究会」が、おもてなしロボット「コンシェルジュ」のネットワーク連携実験に成功した。東京オリンピック開催時には100台規模の実証実験をめざす。

 今回行われた実証実験は、スマートフォンやICカードで個人を識別するおもてなしロボット「コンシェルジュ」を使用したもの。3つの地点にブースを設置し、アンケート形式のスタンプラリーを実施。コンシェルジュはサイネージロボットやスマートフォン、ICカードと連携して情報を収集を行った。

 コンシェルジュは直接的にはアンケートの回答や、声をかけることによる自動写真撮影などのサービスを行う。それと同時にスタンプラリーのデータをネットワーク連携させることにより、ユーザーの巡回ルートや移動時間といったデータを収集。将来的にはオリンピック・パラリンピックの会場周辺で来場者対応を行いつつ、混雑具合などのデータを記録し、導線設計に活用したり、顔認証により迷子対応などを行えるようにしていく。また、個人認識と行動データを組み合わせることで、個人にマッチしたサービスを提供することも可能になる。

 今後はネットワーク化を強化しながら技術開発を進め、2016年には商業施設に数十台を設置。2020年には100台規模を設置して実証実験をめざしていく。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【スマート林業:5】ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

    【スマート林業:5】ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

  2. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

    ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  3. 【特集・スマート決済】人手不足を解消する「Airレジ」のメリット

    【特集・スマート決済】人手不足を解消する「Airレジ」のメリット

  4. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

  5. 道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

  6. ~AIで変わる経営:2~明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

  7. 【スマート林業:3】電力自由化!間伐材で作る再生エネ!

  8. 指先ひとつで支払い完了…ハウステンボスで指紋認証決算スタート

  9. 日本のスマホ技術、タイで道路の舗装劣化状況把握の実証実験

  10. 17メートル級ブーム、吐出量毎時90立方米の新型コンクリートポンプ車――極東開発

アクセスランキングをもっと見る

page top