採血で大腸がん早期発見、新検査サービス開始 画像 採血で大腸がん早期発見、新検査サービス開始

人材

 ウシオ電機とバイオマーカーサイエンス(京都市左京区、内田景博社長、075・708・1281)は、大腸がんと糖尿病の罹患(りかん)リスク検査サービスを2月1日に始める。採血と質量分析法によるものでは日本初という。大腸がんは現在の一般的な検査より早い段階で発見し、糖尿病は発病するリスクを数値把握する。健康診断や人間ドックを行う医療機関向けに現在の検査を補完、強化するメニューとして売り込む。

 価格は自由診療のため医療機関が決めるが、患者や検査希望者の負担額でおおむね大腸がんが1回3万―4万円、糖尿病が同1万5000―2万円程度になる見込み。採血後、2―3週間で結果を返す。

 ウシオ電機とバイオマーカーサイエンス、ウシオ電機の連結子会社であるプロトセラ(兵庫県尼崎市)が販売する。

 大腸がん検査は、現在は便に血が混じっていないかを検査する方法が一般的。だが発見時に大腸がんが進行しているケースや、痔(じ)なのか大腸がんなのか判別できないケースがある。新たな検査サービスは大腸がん患者に特有のペプチドを指標(バイオマーカー)にするため、早期発見につながる。

 糖尿病検査は、血中の酸化度を表すシステイン化トランスサイレチンをバイオマーカーにする。発病してしまった患者ではなく、発病するリスクを数値で客観的に把握する。

大腸がん早期発見、糖尿病の発病リスク把握する新検査サービス開始

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 新人研修で農業体験! NPO活動から生まれた農業研修プログラム

    新人研修で農業体験! NPO活動から生まれた農業研修プログラム

  3. 銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

    銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

  4. 【働く】オリエンタル白石・永吉雄太氏…若手も最先端に携わる社風

  5. 国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

  6. 求む! 複数の技能ができる「多能工」!

  7. 広島東洋カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

  8. 中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか?

  9. ~社内コミュニケーションの秘訣~初めは遊びでも出口が仕事につながればいい/BFT

  10. 社保加入促進、3次下請が初の9割台。着実に加入進展

アクセスランキングをもっと見る

page top