玉乗りバイク? オムニライドは「BB-8」より先だった 画像 玉乗りバイク? オムニライドは「BB-8」より先だった

制度・ビジネスチャンス

東京都葛飾区の中小企業を集めた展示会「町工場見本市2016」で変わったパーソナルモビリティを発見した。それは諏訪東京理科大学が開発した「オムニライド」という名の乗り物だ。その乗り物にはタイヤがなく、その代わりに大きなボールが回って進む。

「このオムにライドは昨年の夏に完成したもので、2号機になります。公道を走れるようにと、ロボット特区であるつくば市の関係者の意見を聞きながら、2012年に製作した1号機を改良しました」

同大学の学生によると、人がぶつかっても大丈夫なようにできるだけ尖った部分をなくし、ステップをつけ、補助輪をつけてボールを外れにくくしたそうだ。また、モーターを3つから4つに増やし、登坂能力も上げだ。これによって格段に乗りやすくなったそうだ。

大きさは全長896mm、全幅594mm、全高985mmで、重量は40kg。バッテリーはリチウムポリマー電池を使用し、約2時間の充電で10時間ほどの走行が可能。最高速度は時速8km/h。体重120kgの人まで乗ることができ、進みたい方向に身体を傾けるとその方向に進んでいく。その場での旋回も可能だ。ちなみに製作費は部品代だけで約200万円。

「現在、大学の敷地内で実証実験を進めていて、イベントホール内での案内などで利用してもらえればいいと考えています。現在、3号機も開発中で3月には披露できるのではないかと思う。今後は立って乗るタイプなどいろいろなものにチャレンジしていきたい」と開発者の学生は熱く語る。

このプロジェクトは地域活性化の狙いもあり、地元の企業と連携してオムニライドの開発・製作を行っている。現在、10数社の企業、NPO法人が参加しているとのことだ。

【町工場見本市16】タイヤの代わりに大きなボール、諏訪東京理科大が開発した「オムニライド」に二号機

《山田清志》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

    国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  2. ■ニュース深掘り!■事業継承に補助金、独立開業の新常識

    ■ニュース深掘り!■事業継承に補助金、独立開業の新常識

  3. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  4. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  5. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  6. 中部新国際空港沖の埋め立て事業、環境影響評価方法書の手続きを開始

  7. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  8. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  9. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  10. ドローン操縦士協会発足!2020年の経済効果は91兆3000億円!!

アクセスランキングをもっと見る

page top