食品宅配、お試しセット注文増…「失敗イヤ」の消費者意識影響 画像 食品宅配、お試しセット注文増…「失敗イヤ」の消費者意識影響

マネジメント

 青果物のインターネット通販や食品宅配事業で、初回限定で購入できる「お試しセット」に注目が集まっている。通常の半値程度と割安なケースが多く、テレビCMなどの宣伝効果もあり、消費者も気軽に購入しやすく、注文件数を伸ばす業者が相次いでいる。マーケティングに詳しい専門家は「増税などで家計が厳しく、興味はあっても買い物に失敗したくない、と考える消費者が増えている」と指摘する。
初回限り割安が人気 有機や低農薬野菜の宅配事業を展開する、らでぃっしゅぼーや(東京都新宿区)は、旬の青果や加工品10~12点入りのお試しセットを、通常より50~55%安い1980円で販売している。

 旬に合わせて月に1回、中身を変更して消費者を飽きさせないよう工夫する。スマートフォン(多機能携帯電話)でのネット注文にも応じる。昨年の注文件数は一昨年の2、3倍に増加。月別にみると、6倍になった月もあった。

 同社は「同業他社がお試しセット事業に参入しているため、相乗効果で売り上げが伸びている」(広報)とみる。

 食品の宅配事業を展開するパルシステム生協連合会(東京都新宿区)も、利用者を増やすきっかけとしてお試しセットを準備する。果実や卵などの生鮮食品、加工肉、乳製品、レトルト食品などを組み合わせたものを、1000円、500円と二つの価格帯で販売。いずれも通常の半額で購入できる。

 通常の商品の配送は生協の配送員が担うが、お試しセットに限り、宅配便での配送となる。同生協連によると、専門の配送員からの宅配を「敷居が高い」と感じる消費者も多いため、注文しやすいよう宅配便を採用している。昨年9月にテレビCMを放送したこともあり、9~12月は一昨年と比べ1.5倍の注文が寄せられたという。

 有機野菜などのネット通販を手掛けるオイシックスも、お試しセットを取り扱う。販売数は年々右肩上がりで、累計販売数は昨年100万セットを超えた。スーパーに同社の商品を並べた専用の売り場を設置するなど、実店舗での露出が増えたことから「注文へのハードルが下がっているのではないか」(広報担当)とみる。

 インターネットで総合情報サイトを運営するオールアバウトが、さまざまな業界の専門家900人を対象に15年の消費傾向についてアンケートを実施。その結果、15年の特徴として「買う前に試す」消費者が多かったことが分かった。

 企業のマーケティング戦略に詳しい経営コンサルタントの安部徹也さんは「消費者の買い物に失敗したくない意識が強まっている。今後多くの企業でお試しモデルが広がっていく」と分析する。(金子祥也、丸草慶人)

「買い物 失敗させません」 “お試し”注文増 青果物ネット通販、食品宅配

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 顧客価値経営フォーラムが開催! 日本経営品質賞はスーパーホテルの手に

    顧客価値経営フォーラムが開催! 日本経営品質賞はスーパーホテルの手に

  2. 【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す

    【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す

  3. 岡山市にダンプ・トラック・冷凍車他商用車・業務用車両専門のレンタカー――オリックストラックレンタル

    岡山市にダンプ・トラック・冷凍車他商用車・業務用車両専門のレンタカー――オリックストラックレンタル

  4. 文化シヤッター社長に潮崎敏彦取締役兼専務執行役員、4月1日就任

  5. 従業員が仕事と家庭の両立目的で家事サービスを活用すると都から助成金がもらえる!

  6. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  7. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  8. 乳業大手3社の第1四半期決算は営業益が大幅増!値上げもヨーグルト好調

  9. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

  10. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

アクセスランキングをもっと見る

page top