建設技能労働者の適正水準賃金確保、国交省が業界に要請 画像 建設技能労働者の適正水準賃金確保、国交省が業界に要請

マネジメント

 国土交通省は、全国平均で4・9%の引き上げを行った公共工事設計労務単価の改定を踏まえ、技能労働者の適切な賃金水準を確保するよう建設業105団体に対し土地・建設産業局長名の通知文書(20日付)で要請した。労務単価を処遇改善につなげるためには、業界全体が一定の認識で取り組みを進める必要があると指摘。元請には適切な価格での下請契約、下請には技能労働者に適切な賃金水準の支払いを行うよう求めた。
 新労務単価には、引き続き法定福利費相当額が反映されていることを踏まえ、下請に示す見積もり条件でその内訳を明示した見積書の提出を働き掛けるなどの対応を要請した。若年労働者確保に向けた賃金引き上げや、賃金水準の低下につながりかねないダンピング受注の排除など適正価格での契約の徹底も求めた。
 主要民間発注者団体や都道府県・政令市にも協力を要請。都道府県・政令市に対しては、「歩切り」を行わないようあらためて要請し、予定価格を適正に設定することを求めた。

国交省/適正水準の賃金確保を/労務単価引き上げで業界に要請

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

    JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  3. 海外進出を現地パートナーが支援、マッチングサービスが登場

    海外進出を現地パートナーが支援、マッチングサービスが登場

  4. 16年度建築保全業務労務単価決定、12分類の全国平均1.05%上昇

  5. 建設現場の労災死傷者が減少…業種別では依然として最多

  6. 清水建設社長に井上和幸氏昇格、4月1日就任、本業さらに強化

  7. 本日の新聞から:電機大手ベア3000円要求、東芝・シャープは離脱

  8. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

  9. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  10. 「企業のインスタグラム活用法」をテーマとしたセミナー開催

アクセスランキングをもっと見る

page top