建設技能労働者の適正水準賃金確保、国交省が業界に要請 画像 建設技能労働者の適正水準賃金確保、国交省が業界に要請

マネジメント

 国土交通省は、全国平均で4・9%の引き上げを行った公共工事設計労務単価の改定を踏まえ、技能労働者の適切な賃金水準を確保するよう建設業105団体に対し土地・建設産業局長名の通知文書(20日付)で要請した。労務単価を処遇改善につなげるためには、業界全体が一定の認識で取り組みを進める必要があると指摘。元請には適切な価格での下請契約、下請には技能労働者に適切な賃金水準の支払いを行うよう求めた。
 新労務単価には、引き続き法定福利費相当額が反映されていることを踏まえ、下請に示す見積もり条件でその内訳を明示した見積書の提出を働き掛けるなどの対応を要請した。若年労働者確保に向けた賃金引き上げや、賃金水準の低下につながりかねないダンピング受注の排除など適正価格での契約の徹底も求めた。
 主要民間発注者団体や都道府県・政令市にも協力を要請。都道府県・政令市に対しては、「歩切り」を行わないようあらためて要請し、予定価格を適正に設定することを求めた。

国交省/適正水準の賃金確保を/労務単価引き上げで業界に要請

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

    人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  2. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

    2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  3. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

    「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  4. 西松屋チェーンに買いたたき違反、中企庁が公取委へ措置請求

  5. 丸順、ホンダ減産等により自動車プレス部品事業から段階的な撤退…西日本にシフト

  6. 週休2日モデル工事、15年度は60件程度、国交省が課題・解決策へ

  7. 公営住宅にコンセッションは困難、国交省の調査結果で

  8. 【回転窓】1カ月たって「ゆう活」は…

  9. 社員のアイデアで物流現場を改善! 佐川ロジが社内大会を初開催

  10. 「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top