建設技能労働者の適正水準賃金確保、国交省が業界に要請 画像 建設技能労働者の適正水準賃金確保、国交省が業界に要請

マネジメント

 国土交通省は、全国平均で4・9%の引き上げを行った公共工事設計労務単価の改定を踏まえ、技能労働者の適切な賃金水準を確保するよう建設業105団体に対し土地・建設産業局長名の通知文書(20日付)で要請した。労務単価を処遇改善につなげるためには、業界全体が一定の認識で取り組みを進める必要があると指摘。元請には適切な価格での下請契約、下請には技能労働者に適切な賃金水準の支払いを行うよう求めた。
 新労務単価には、引き続き法定福利費相当額が反映されていることを踏まえ、下請に示す見積もり条件でその内訳を明示した見積書の提出を働き掛けるなどの対応を要請した。若年労働者確保に向けた賃金引き上げや、賃金水準の低下につながりかねないダンピング受注の排除など適正価格での契約の徹底も求めた。
 主要民間発注者団体や都道府県・政令市にも協力を要請。都道府県・政令市に対しては、「歩切り」を行わないようあらためて要請し、予定価格を適正に設定することを求めた。

国交省/適正水準の賃金確保を/労務単価引き上げで業界に要請

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ローソンとファミマがセブンを追撃! 売上目標1日60万超に

    ローソンとファミマがセブンを追撃! 売上目標1日60万超に

  2. 公共工事の着工前の技術者配置、国交省が「余裕期間は配置不要」明確化

    公共工事の着工前の技術者配置、国交省が「余裕期間は配置不要」明確化

  3. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  4. 道路舗装上場大手6社、15年4~12月期決算で全社増益、需要低調

  5. 【解決!社長の悩み相談センター】第21回:雇用か外注か? 税務処理の違い

  6. 物流デベロッパー・トップの視点(6):レッドウッドグループ、時間かけ川上から土地情報把握

  7. 主要ゼネコン15年4~12月期決算、民間受注好調、大半が通期の7割超達成

  8. 「中小企業の《経営論》」第15回:中小企業による海外販路開拓(3)…代理店とは?

  9. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  10. 大和証券がミャンマーで「証券会社免許」を取得

アクセスランキングをもっと見る

page top