電力会社乗り換えのボーダーは月額いくら? 電通が自由化を調査 画像 電力会社乗り換えのボーダーは月額いくら? 電通が自由化を調査

ライフ

 電通がエネルギー自由化についての生活者意識調査を実施。結果を発表した。

 2016年4月には電力の自由化、2017年4月にはガスの自由化と、エネルギー自由化がいよいよスタートする。今回の電通調査はこれに先だって、消費者の認知度や意識を調査したもの。2014年12月に続く第2回目の調査となる。調査時期は2015年11月で、20~69歳の男女5000人を対象にアンケートを行った。

 電力の自由化については、認知度は62.2%と前回調査から15.3ポイント上昇。着実に認知が上がっている。だが、大半は「内容は分からないが、自由化されることは確かに知っている」というユーザーが53.3%を占めた。一方で、「内容まで知っている」と答えたのは8.9%にとどまっている。

 自由化に伴って電力の購入先を変更するかという質問では、「すぐにでも変更したい」(3.9%)と「変更する方向で検討したい」(17.1%)を合わせ、21%が変更の意思を示している。もっとも多かったのは「検討するが、変更するかどうかはわからない」で59%。検討段階の消費者も含めれば8割が関心を寄せていることになる。

 では、変更のボーダーラインはどの程度なのか。調査では電力会社変更の意思を示した21%の消費者のうち、29パーセントが「現在の電気料から月額500円の値下げ」で変更を検討すると回答している。「月額1000円の値下げ」になると、56パーセントと半数を超えた。

 一方、変更の意思に関わらない全調査対象者への質問でも、月額1000円値下げで「変えてもよい」とするユーザーが約半数となっており、「月額1000円」が乗り換えのひとつのボーダーラインといえそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 千葉県、子どもと教職員へのセクハラは特別支援学校に多く

    千葉県、子どもと教職員へのセクハラは特別支援学校に多く

  2. 千切り、面取り ピーラーで 用途広がり売り上げ増

    千切り、面取り ピーラーで 用途広がり売り上げ増

  3. 現場の悩みから恋の話まで!? 施工管理技士専門SNSが誕生

    現場の悩みから恋の話まで!? 施工管理技士専門SNSが誕生

  4. 【書籍案内】日本の中小企業の機動力を支える軽自動車――スバルサンバーのすべて

  5. 2020年、国内教育ICT市場予測、一人1台タブレットなるか?

  6. 再生色画用紙「フレッシュカラー」シリーズに新色登場

  7. 【ご当地美人】残り1ヵ月を全力アピール……かごしま親善大使・恒吉初美さん

アクセスランキングをもっと見る

page top