電力会社乗り換えのボーダーは月額いくら? 電通が自由化を調査 画像 電力会社乗り換えのボーダーは月額いくら? 電通が自由化を調査

ライフ

 電通がエネルギー自由化についての生活者意識調査を実施。結果を発表した。

 2016年4月には電力の自由化、2017年4月にはガスの自由化と、エネルギー自由化がいよいよスタートする。今回の電通調査はこれに先だって、消費者の認知度や意識を調査したもの。2014年12月に続く第2回目の調査となる。調査時期は2015年11月で、20~69歳の男女5000人を対象にアンケートを行った。

 電力の自由化については、認知度は62.2%と前回調査から15.3ポイント上昇。着実に認知が上がっている。だが、大半は「内容は分からないが、自由化されることは確かに知っている」というユーザーが53.3%を占めた。一方で、「内容まで知っている」と答えたのは8.9%にとどまっている。

 自由化に伴って電力の購入先を変更するかという質問では、「すぐにでも変更したい」(3.9%)と「変更する方向で検討したい」(17.1%)を合わせ、21%が変更の意思を示している。もっとも多かったのは「検討するが、変更するかどうかはわからない」で59%。検討段階の消費者も含めれば8割が関心を寄せていることになる。

 では、変更のボーダーラインはどの程度なのか。調査では電力会社変更の意思を示した21%の消費者のうち、29パーセントが「現在の電気料から月額500円の値下げ」で変更を検討すると回答している。「月額1000円の値下げ」になると、56パーセントと半数を超えた。

 一方、変更の意思に関わらない全調査対象者への質問でも、月額1000円値下げで「変えてもよい」とするユーザーが約半数となっており、「月額1000円」が乗り換えのひとつのボーダーラインといえそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

    全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

  2. 【回転窓】廃校をどう利用するか

    【回転窓】廃校をどう利用するか

  3. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

    【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

  4. プロによる200作品が集合「カーデザインウィーク」

  5. 「敬老の日」調査、60代の親へのギフト市場は健康がトレンド!?

  6. 東京圏の駅、五輪までに耐震補強・浸水対策など

アクセスランキングをもっと見る

page top