食い物にされてたまるか! 南あわじ市独立派がジワジワくるPR動画公開

インバウンド・地域活性

あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
 南あわじ市を「あわじ国」として独立させる……南あわじ市が展開するプロモーションが話題を呼んでいる。

 1月11日に公開された第1弾ムービーでは、市長らが南あわじ市のPRを行っているところに、同市出身のタレント・上沼恵美子氏が飛び込み、「南あわじ市をあわじ国として独立させる」と提案。市長が新たに大統領、上沼恵美子氏が官房長官を務めるとし、独立の是非を問う国民投票を実施すると宣言している。このムービーは公開から1週間で1万2000再生を突破した。

 22日にはこれに続く形で、独立派があわじ国建国に向けてPRする第2弾ムービー「独立派『農畜水産物』篇」が公開された。南あわじ市の名産品とともに独立への思いを訴えるもので、淡路ビーフやあわじ島バーガーなどとともに「このまま、食い物にされてたまるか。」「独立の味を、かみしめよう。」といったメッセージを、どこかレトロな映像に乗せて発信している。

 独立の是非を問う国民投票は、2月19日からあわじ国の特設サイト上にて開始。3月13日に締め切り、3月21日に結果発表を行う。



★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. シンガポールでインバウンド観光アピール。「JAPAN RAIL CAFE」開設

  5. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  7. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  8. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  9. 野菜茶業研究所が“人工土壌”を開発!多孔質素材で微生物活性化、地力回復など応用に期待

  10. 神奈川県・県立体育センター整備、五輪の事前キャンプに活用目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top