食い物にされてたまるか! 南あわじ市独立派がジワジワくるPR動画公開

インバウンド・地域活性

あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
  • あわじ国プロモーションムービー「独立派『農畜水産物』篇」より
 南あわじ市を「あわじ国」として独立させる……南あわじ市が展開するプロモーションが話題を呼んでいる。

 1月11日に公開された第1弾ムービーでは、市長らが南あわじ市のPRを行っているところに、同市出身のタレント・上沼恵美子氏が飛び込み、「南あわじ市をあわじ国として独立させる」と提案。市長が新たに大統領、上沼恵美子氏が官房長官を務めるとし、独立の是非を問う国民投票を実施すると宣言している。このムービーは公開から1週間で1万2000再生を突破した。

 22日にはこれに続く形で、独立派があわじ国建国に向けてPRする第2弾ムービー「独立派『農畜水産物』篇」が公開された。南あわじ市の名産品とともに独立への思いを訴えるもので、淡路ビーフやあわじ島バーガーなどとともに「このまま、食い物にされてたまるか。」「独立の味を、かみしめよう。」といったメッセージを、どこかレトロな映像に乗せて発信している。

 独立の是非を問う国民投票は、2月19日からあわじ国の特設サイト上にて開始。3月13日に締め切り、3月21日に結果発表を行う。



★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

    畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  3. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

    日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  4. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  5. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  6. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  7. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 2017年の旅行業界トレンド「ブリージャー」

  9. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top