企業のマイナンバー対応、取り組み済みは約7割 画像 企業のマイナンバー対応、取り組み済みは約7割

制度・ビジネスチャンス

 1月から運用の始まったマイナンバー制度について、MM総研が調査を行った。調査によると昨年12月の段階でマイナンバー制度対応の取り組みを行っている企業は69.9%だった。

 同調査は、企業でマイナンバー制度対応システムの導入に関する決裁権がある、もしくは選定に関与する担当者729人を対象に、2015年12月に行ったもの。もっとも多かったのは、「すでに取り組んでいる(社内のみ)」で45.5%だった。また、外部に委託する形で取り組みを行っている企業が24.4%で、社内での取り組みを行う企業と合わせて、約7割が何らかの対応を行っていると回答している。

 制度の運用開始直前のタイミングであり、何をすべきかわかっていないといった企業はほぼなくなっているが、一方で「どのように対応するか検討中」と答えた企業も26.1%おり、制度運用開始後に本格的な対応が進んでいく企業も少なくはなさそうだ。

 なお、マイナンバー制度対応サービスに対する不安、期待することとしてもっとも多かったのはセキュリティについての問題。不安としては「情報漏洩リスク」が66.5%で、期待もこれに対応するように「セキュリティへの対応力の高さ」が44.7%となっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

    筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  2. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

    学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  3. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  4. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  5. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  6. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  7. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  8. 【倒産情報】鮮魚・水産物販売の「最上グループ」倒産――負債総額38億以上

  9. ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

  10. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

アクセスランキングをもっと見る

page top