赤レンガ道庁前、れんが敷きに…札幌建協100周年事業で 画像 赤レンガ道庁前、れんが敷きに…札幌建協100周年事業で

インバウンド・地域活性

 札幌建設業協会は19日、協会の創立100周年記念事業の一環として、赤レンガ北海道庁(札幌市中央区)の前庭をれんが舗装で改修する「赤レンガプロジェクト札幌」の概要を発表した。使用するれんがブロックの一部には小学生などに市町村名などを彫ってもらう。9月中旬に着工、10月中旬の完成を予定している。
 今回のプロジェクトは北海道建設業協会と共同で実施する。
 中央区北3西6の北海道庁敷地のうち、赤レンガ道庁前アプローチ部分の274平方メートルをれんが舗装で改修する。併せて周辺の縁石を改良し、プロジェクトの概要を説明する掲示板の設置も行う。
 舗装用のれんがには、れんが製造の歴史がある江別市の工場で焼成した厚さ6センチほどのれんが約1万4000個を使用。そのうち1~2割程度は、道内の小学生に市町村名や市町村を象徴する絵などを彫ってもらい、観光客向けの情報発信に役立てる。
 工事は赤レンガ道庁の観光ピークである夏季を避け、9月中旬の着工を予定。約1カ月の工期で完成させ、道に引き渡す。工事費約850万円を含め、総事業費は約1100万円を見込んでいる。

札幌建協/100周年記念事業で赤レンガ道庁前をれんが舗装/10月中旬完成予定

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  3. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  6. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  7. 「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

  8. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  9. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  10. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top