圏央道 鶴ヶ島IC、ETCバーを試験的に開放 画像 圏央道 鶴ヶ島IC、ETCバーを試験的に開放

インバウンド・地域活性

国土交通省とNEXCO東日本は、1月26日から3月25日の期間、圏央道 圏央鶴ヶ島IC入口にて、ETCバー開放運用の試行を実施すると発表した。

国土交通省は、ETCが基本のストレスのない「賢い料金所」の導入に向け、NEXCO東日本と協力し、昨年10月から12月にかけ、圏央道 桶川北本ICと狭山日高ICの入口料金所で、ETCバーの開放運用の実験を行ってきた。

今回の試行はそれに続くもの。試行期間中、ETCレーンの発進制御バーは、開放したままとなる。

国土交通省では、ETCバー開放運用の実験データをもとに、ETCの能力をフル活用したバーのない新設計料金所の導入を検討していく。

圏央道 鶴ヶ島IC入口、ETCバーを試験的に開放…1月26日~3月25日

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  2. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

    小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

  3. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

    福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  5. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 尾道市の千光寺公園のリニューアル、坂の町に調和したデザインに

  10. 大阪、2025年の万博候補地を夢洲に集約。カジノを含む統合型リゾートも

アクセスランキングをもっと見る

page top