圏央道 鶴ヶ島IC、ETCバーを試験的に開放 画像 圏央道 鶴ヶ島IC、ETCバーを試験的に開放

インバウンド・地域活性

国土交通省とNEXCO東日本は、1月26日から3月25日の期間、圏央道 圏央鶴ヶ島IC入口にて、ETCバー開放運用の試行を実施すると発表した。

国土交通省は、ETCが基本のストレスのない「賢い料金所」の導入に向け、NEXCO東日本と協力し、昨年10月から12月にかけ、圏央道 桶川北本ICと狭山日高ICの入口料金所で、ETCバーの開放運用の実験を行ってきた。

今回の試行はそれに続くもの。試行期間中、ETCレーンの発進制御バーは、開放したままとなる。

国土交通省では、ETCバー開放運用の実験データをもとに、ETCの能力をフル活用したバーのない新設計料金所の導入を検討していく。

圏央道 鶴ヶ島IC入口、ETCバーを試験的に開放…1月26日~3月25日

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  4. 首都圏3環状開通着々、沿線地域に大きな整備効果

  5. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 「地方ウェディング」最前線、キーワードは“地元愛”!

  9. 【熊本地震】解体など人手不足、労務単価の高騰も

  10. 完全自動化レタス栽培工場、京都・けいはんな学研都市で建設開始……目標は1日3万株

アクセスランキングをもっと見る

page top