圏央道 鶴ヶ島IC、ETCバーを試験的に開放 画像 圏央道 鶴ヶ島IC、ETCバーを試験的に開放

インバウンド・地域活性

国土交通省とNEXCO東日本は、1月26日から3月25日の期間、圏央道 圏央鶴ヶ島IC入口にて、ETCバー開放運用の試行を実施すると発表した。

国土交通省は、ETCが基本のストレスのない「賢い料金所」の導入に向け、NEXCO東日本と協力し、昨年10月から12月にかけ、圏央道 桶川北本ICと狭山日高ICの入口料金所で、ETCバーの開放運用の実験を行ってきた。

今回の試行はそれに続くもの。試行期間中、ETCレーンの発進制御バーは、開放したままとなる。

国土交通省では、ETCバー開放運用の実験データをもとに、ETCの能力をフル活用したバーのない新設計料金所の導入を検討していく。

圏央道 鶴ヶ島IC入口、ETCバーを試験的に開放…1月26日~3月25日

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  2. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  5. 大阪府吹田市本庁舎建替検討着手、他施設との複合化も検証

  6. 立体交差構築時の大断面工事に対応、コスト減の新型掘削機開発

  7. 横浜ドームを実現する会、ドーム球場を経済活性化の起爆剤に!

  8. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. 静岡県・富士駅北口再開発、2月にプラン検討会が始動

アクセスランキングをもっと見る

page top