圏央道 鶴ヶ島IC、ETCバーを試験的に開放 画像 圏央道 鶴ヶ島IC、ETCバーを試験的に開放

インバウンド・地域活性

国土交通省とNEXCO東日本は、1月26日から3月25日の期間、圏央道 圏央鶴ヶ島IC入口にて、ETCバー開放運用の試行を実施すると発表した。

国土交通省は、ETCが基本のストレスのない「賢い料金所」の導入に向け、NEXCO東日本と協力し、昨年10月から12月にかけ、圏央道 桶川北本ICと狭山日高ICの入口料金所で、ETCバーの開放運用の実験を行ってきた。

今回の試行はそれに続くもの。試行期間中、ETCレーンの発進制御バーは、開放したままとなる。

国土交通省では、ETCバー開放運用の実験データをもとに、ETCの能力をフル活用したバーのない新設計料金所の導入を検討していく。

圏央道 鶴ヶ島IC入口、ETCバーを試験的に開放…1月26日~3月25日

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

    リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

    ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  4. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  5. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  10. 北海道建設部が「労働環境改善プロジェクト」試行、時間外労働を抑制

アクセスランキングをもっと見る

page top