流通・フジトランスがミャンマーの経済特区に新会社 画像 流通・フジトランスがミャンマーの経済特区に新会社

海外進出

ミャンマーで2社目となる現地法人
株式会社フジトランスコーポレーション(以下「フジトランス」)は1月18日、日本が官民あげて開発を進めているミャンマーのティラワ経済特別区(SEZ)に、新たな現地法人FUJITRANS LOGISTICS (MYANMAR) CO., LTD.(フジトランス・ロジスティクス)を昨年12月21日に設立したことを発表した。

フジトランスは2013年10月、現地法人としてFUJITRANS (MYANMAR) CO., LTD.(以下「FUJITRANS」)をヤンゴン市内に設立。フォワーディング、陸上輸送、通関、倉庫などの事業を展開している。

今回設立された新会社は、2013年に設立されたFUJITRANSに次ぐ2社目となり、ティラワSEZに進出することで、同国での事業を拡大するとみられる。

2017年1月をめどに営業開始
新設されたフジトランス・ロジスティクスは、ティラワSEZ内に約3万5000平方メートルの敷地を確保。延べ床面積5000平方メートルの倉庫を建設し、2017年1月に倉庫、梱包、通関、陸上輸送などの事業を開始する予定である。

また、SEZのみで認められている保税制度を活用し、需要の高い保税蔵置に対応するという。

相次ぐ企業進出により、ティラワSEZでは今後さらに物流需要の増大が見込まれるため、フジトランス・ロジスティクスの活躍に期待したいところだ。

(画像は株式会社フジトランスコーポレーションより)

フジトランスコーポレーションがティラワSEZに新会社を設立

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 世界に向けた和食や鮨の認定制度、食のアイデンティティーは守られるのか?

    世界に向けた和食や鮨の認定制度、食のアイデンティティーは守られるのか?

  2. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  3. NEDO、プトラジャヤ市とMOU……スマートコミュニティ事業開始

    NEDO、プトラジャヤ市とMOU……スマートコミュニティ事業開始

  4. 新関西国際空港、インドネシア・マカッサル空港拡張調査に参画

  5. トヨタ、ミャンマー洪水被害に10万ドル寄付

  6. インドネシアでの中古車オークションビジネスの現状とは?

  7. 日本の野菜を英国へ、成田で試験輸出のため検疫・通関検証

  8. 食べログラーメン部門1位の「麺屋一燈」、バンコク都心にタイ1号店

  9. 唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

  10. 繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top