00年代以降のおいしさ表現、「オノマトペ重視」「濃厚化」進む 画像 00年代以降のおいしさ表現、「オノマトペ重視」「濃厚化」進む

インバウンド・地域活性

 消費者が今魅力を感じる「おいしさ」の表現は何か? おいしさを表現するフレーズについての調査を、リサーチやデータ分析などを手がけるB・M・FTが行った。

 同社はおいしさの感覚を表現する「シズルワード」についての調査を2003年に初めて実施し、以来恒例となっている。今回の調査では、「うまみがある」といった味覚系、もちもち」といった食感系、「新鮮な」といった情報系の3分野にフレーズを分類し、合計約300個のシズルワードを候補としてアンケートを実施。15歳から69歳の男女1800人の回答をまとめている。

 トップになったのは「もちもち」で35.1%。2位以下には「うまみのある」(35%)、「ジューシー」(33.6%)、「香ばしい」(31.1%)、「とろける」(31%)が続いている。

 「もちもち」は2位とは僅差ながら、同系列のフレーズである「もっちり」「もちっと」がそれぞれ7位と14位にランクインしており、支持の高さがうかがえる。5位の「とろける」も類似フレーズである「とろーり」が上位にランクイン。このほかにも、「サクサク」「サクッと」や、「ほくほく」など、食感を表現するオノマトペが上位に数多く入っている。

 「もちもち」は2003年の初調査では14位だったが、2010年以降は1位の常連フレーズとなっている。「もっちり」「ふわふわ」「とろーり」も近年大きく順位を上げている。対照的に「コシのある」「舌触りがよい」といったフレーズは順位がダウン。食感を表現するフレーズは、オノマトペが年々支持されるようになっている。

 また、味覚系のフレーズでは顕著なのが濃厚化だ。2003年には味覚系で63位だった「濃厚な」が今回は11位。2003年から候補に挙げられているフレーズで比較すると5位と高位にランクインしている。「リッチな」といったフレーズも上昇傾向だ。「あっさりした」「後味すっきり」など淡泊系のフレーズは順位を落としており、濃厚系フレーズがトレンドとなっているのがうかがえる。

 店頭POPや商品開発でも、こうしたトレンドを参考にしてみてもいいだろう。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

  9. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  10. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

アクセスランキングをもっと見る

page top