メーカー5社による自動運転・開発者対談…オートモーティブワールド特別講演

インバウンド・地域活性

オートモーティブワールド16 特別講演
  • オートモーティブワールド16 特別講演
  • オートモーティブワールド16 特別講演
  • オートモーティブワールド16 特別講演
  • 椋本陵氏(本田技術研究所四輪R&Dセンター LPL室S660 LPL)
  • 矢口幸彦氏(Lexus International 製品企画主査)
  • 東倉伸介氏(Nissan第二製品開発本部 Nissan第二製品開発部車両開発主管)
  • 山本修弘氏(マツダ商品本部主査)
  • 布野洋氏(三菱自動車 商品戦略本部 商品企画部エキスパート)
トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱の名物開発者たちが、次世代自動車技術展「オートモーティブワールド2016」に集結。特別講演として、自動運転やクルマの近未来についてディスカッションが行われ、白熱したコメントや議論が飛び交った。

話題は、動向が注目される自動運転へと移って行く。「自分で操ることができる」楽しみを追求するスポーツカーとは対極に位置するとも考えられる自動運転について、開発者はどのように考えているのか。

登壇者は、レクサス『RC F』などを担当したトヨタ自動車の矢口幸彦氏(Lexus International 製品企画主査)、日産自動車『X-TRAIL』などの東倉伸介氏(Nissan第二製品開発本部 Nissan第二製品開発部車両開発主管)、若くしてホンダ『S660』の開発主査をつとめた椋本陵氏(本田技術研究所四輪R&Dセンター LPL室S660 LPL)、歴代『ロードスター』やルマン参戦車などに関わってきたマツダ山本修弘氏(商品本部主査)、『ランサーエボリューション』などの走行試験を担当 した三菱自動車の布野洋氏(商品戦略本部 商品企画部エキスパート)。


◆道具をどう使うか

矢口幸彦氏:まず、自動運転という言葉が独り歩きしているのが心配。たとえば、大型バスと軽自動車がいっしょに走る高速道路の現状に、自動運転システムが入ることで、整合が図られればありがたい。ポイントは、「技術」が「目的」になってはいけないということ。

山本修弘氏:そう。目的は何かを考えないと。手段を考えるのが目的になってはいけない。人は間違えを犯すものなので、それぞれの場面で自動運転が必要となってくるだろう。だからいま、なんのためにどんなシチュエーションで自動運転が入るかを考えなければならない。

椋本陵氏:僕は、マツダのキャッチコピーを借りて言うと、自分自身「Be a driver.」でありたいと思ってる。クルマで毎日通勤するうえ、さらに回り道して帰るぐらいクルマが好き。でもたまには、名所めぐりなどのドライブに行って、「帰りは自動運転でもいいかも」と思うときもある。いっぽうで、高地にすむ高齢者が、街へ下りてきて食材や生活用品を買うというシチュエーションもある。自動運転を使うための目的やシーンがあるはず。交通事故のない社会、自由な移動の両立のために自動運転は必要かもしれない。

布野洋氏:部分的には成立しているクルマもあって、乗ってみると楽しいと思う。びっくりするほどそういうクルマは疲れない。遠くに行った時など、そこからの行動範囲も広がるだろう。スポーツカーで運転を楽しみたいというのもあるけど、使い分け、切り替えで楽しめる、気分や体力で使い分けることも考えられる。

東倉伸介氏:重要なのは、自動車つくってるメーカーとしては、自動車は「道具の延長」ととらえたほうがいいということ。(納豆を箸でつまむ画像を見せながら)われわれは箸にも棒にもかからないクルマをつくってないはず。納豆をつかんで口に入れるというの行為を意識せず、納豆の味を楽しみたい。ある人の箸は、ボタンをぽんと押したら、納豆を運んでくれるかもしれない。要は、客がどうよろこぶかを忘れてクルマをつくってはいけない。どういうシーンで使うか、どこでよろこぶかを置き去りにしてはいけない。

矢口氏:道具をどう使うかが大事。単なる移動としてとらえるクルマと、自分の身体よりはるかに大きなモノを動かして、いい汗をかくというマシンもある。楽しみながら移動するというシーンもある。そういうところをどう組み合わせて、どういうシチュエーションにマッチしたクルマをつくるか。ポルシェからレクサスに乗り換えた人が、「サーキットも楽しく走れるうえ、行きも帰りも快適だった」ともらしていた。そういう声を聞きながら、これからもクルマをつくっていきたい。

【オートモーティブワールド16】自動運転と制御、「道具と目的」をどう捉えるか…メーカー5社開発者対談

《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 富裕層インバウンドの法則その5

  9. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  10. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

アクセスランキングをもっと見る

page top