日本EVクラブ、自動運転レースを計画…11月3日 筑波 画像 日本EVクラブ、自動運転レースを計画…11月3日 筑波

IT業務効率

日本EVクラブは、自動運転電気レーシングカートによるレースを11月3日、筑波サーキット・コース1000で開催する計画を進めている。

自動運転レースは、同日開催の「第22回日本EVフェスティバル」内で行う計画。レース車両は、電気レーシングカート「ERK」をベースとした「Auto Drive ERK(ADERK)」で、最高速は時速150kmを予定しているという。

日本EVクラブでは、2月14日に自動運転をテーマとした「EV一番塾」を日本科学未来館で開催。この中で、「地上のドローン(自動運転車)レース説明・討論会」と題し、自動運転車レースの概要および競技車両についての説明とディスカッションを行う。

同日のEV一番塾では、このほか「いま、なぜ自動運転なのか 世界の自動運転車をめぐる状況」と題する講座も実施する。

EV一番塾の参加費は4500円(日本EVクラブ会員は4000円)。定員50名(申込受付順)で2月8日まで申し込みを受付けている。

日本EVクラブ、電動レーシングカートによる自動運転レースを計画…11月3日 筑波

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  2. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. 【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

    【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

  4. 【スマート林業:4】誰にでも開かれた「材木屋」

  5. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  6. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  7. 【スマート林業:6】新しい人材、新しい学びの場

  8. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

  9. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  10. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

アクセスランキングをもっと見る

page top