地域経済の活性化を支援するクラウドファンディングが登場 画像 地域経済の活性化を支援するクラウドファンディングが登場

インバウンド・地域活性

 自治体や地方銀行、信用金庫などにクラウドファンディングのプラットフォームを無償で開放し、地域のプロジェクト発掘支援を行うサービス「ドリームレイジング」が登場した。

 “地域密着型クラウドファンディング”と位置付けられた同サービス。自治体などにプラットフォームを開放することで、新規事業・新商品開発・新規店舗開設などの新たな資金調達手段を提供。地域の農産物などのブランド化、イベントなどの行事のPRに活用可能なプロモーションとマーケティングの場として、地域経済の活性化に貢献するという。

 今後、同サービスが「ふるさと納税に替わる新たな寄付の仕組みとしても活用でき、地域経済の活性化と共に、特徴のある自治体運営を可能とするプラットフォームになる予定」という同社。「様々な知見、技能を有したエンジェルサポーターのネットワークを新たに構築し、プロジェクトを人的リソース面でも支援していくことを検討している」と話している。

 クラウドファンディングが地方経済をどのように後押しするか、注目したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE

  7. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  8. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  9. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  10. 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

アクセスランキングをもっと見る

page top