本日の新聞から:道路標示「止まれ」から「STOP」に変更? 画像 本日の新聞から:道路標示「止まれ」から「STOP」に変更?

インバウンド・地域活性

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2016年1月21日付

●革新機構、東芝の白物家電買収へ、シャープと統合検討(読売・1面)

●株今年最大632円安、NYも一時420ドル超下げ(読売・1面)

●ガソリン6年8カ月ぶり安値(読売・11面)

●「止まれ」変わるかも、警察庁が検討、外国人に配慮(朝日・1面)

●「またか」大田で観光バス事後(産経・1面)

●スキーバス転落S字カーブ速度増す、国交省事故直前の映像公開(産経・26面)

●ホンダジェット膨らむ夢、燃費向上、生産倍増へ(東京・7面)

●ホンダ、覚悟の0勝、4度目のF1参戦「継続」も使命に(日経・2面)

●中国の車部品王、エコカーで勝負,万向集団(日経・11面)

●ダイハツから小型ワゴン、トヨタ「軽」人気に対応(日経・14面)

●ニュース一言、ヤナセ井出社長(日経・15面)


ひとくちコメント

東京株式市場は今年最大の632円安と値を下げ、原油も1バレル=26ドル台、それに為替相場も円が急騰して一時1ドル=115円台に突入した。年明けから加速している不安定な金融市場がなかなかストップする気配がない。

その「ストップ」といえば、1963年から採用されている一時停止を示す道路標識について、警察庁が外国人にもわかりやすい表示の変更を検討しているそうだ。

きょうの朝日などが報じているが、海外からの旅行者の増加が見込まれる2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、結論を出す考えだという。

目下、日本の国内では逆三角形の「止まれ」に対し、欧米などでは八角形の「STOP」が多い。道路標識のグローバル化には至っていない状況で、外国人旅行者には「わかりづらい」との声も上がっている。

ただ、一時停止の標識は全国で約170万か所あり、全てを八角形に取り換えると費用は約255億円もかかるため、コスト面を配慮して現在の標識に「STOP」と併記する案が浮上しているそうだ。

「一時停止」などの道路標識の変更もいいが、銀座や新宿の道路でよく見かける幅いっぱいに広って歩く外国人観光客のマナーにも注視する必要があるだろう。

【新聞ウォッチ】道路標識もグローバル化? 一時停止「止まれ」から「STOP」検討

《福田俊之》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  6. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  7. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  8. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

アクセスランキングをもっと見る

page top