極東開発、テールゲートリフタのパワーユニットとスイッチボックスを一体化 画像 極東開発、テールゲートリフタのパワーユニットとスイッチボックスを一体化

インバウンド・地域活性

極東開発工業は、後部格納式テールゲートリフタ「パワーゲート GII 1000/GIII 1000」(最大許容リフト荷重1000kg)をモデルチェンジし、2月1日より発売する。

今回のモデルチェンジでは、従来型では車両側面に別体設置だったパワーユニット(パワーゲートの動力源)とスイッチボックスを一体化して本体に内蔵。スマートな外観と工具箱等の艤装品取付スペースの拡大を図ったほか、使用状況等が一目で分かるLEDディスプレイをスイッチパネル内に新設した。

さらに、積荷を確認しながら自由な位置でパワーゲートを操作できるパルコンIV(ワイヤレスリモコン)を標準装備とし、荷役作業時の操作性と安全性の向上を実現している。

価格(税別)は取付費込みで101万5000円から。

極東開発、後部格納式テールゲートリフタをモデルチェンジ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

    相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

  4. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  5. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  6. 中小二次製品メーカーが連携、雑草を抑えるブロックの普及へ

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  8. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  9. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top