極東開発、テールゲートリフタのパワーユニットとスイッチボックスを一体化 画像 極東開発、テールゲートリフタのパワーユニットとスイッチボックスを一体化

インバウンド・地域活性

極東開発工業は、後部格納式テールゲートリフタ「パワーゲート GII 1000/GIII 1000」(最大許容リフト荷重1000kg)をモデルチェンジし、2月1日より発売する。

今回のモデルチェンジでは、従来型では車両側面に別体設置だったパワーユニット(パワーゲートの動力源)とスイッチボックスを一体化して本体に内蔵。スマートな外観と工具箱等の艤装品取付スペースの拡大を図ったほか、使用状況等が一目で分かるLEDディスプレイをスイッチパネル内に新設した。

さらに、積荷を確認しながら自由な位置でパワーゲートを操作できるパルコンIV(ワイヤレスリモコン)を標準装備とし、荷役作業時の操作性と安全性の向上を実現している。

価格(税別)は取付費込みで101万5000円から。

極東開発、後部格納式テールゲートリフタをモデルチェンジ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

    熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 【熊本地震】国交省が盛り土造成宅地の耐震化支援を強化、補助率かさ上げや対象追加

  10. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top