極東開発、テールゲートリフタのパワーユニットとスイッチボックスを一体化 画像 極東開発、テールゲートリフタのパワーユニットとスイッチボックスを一体化

インバウンド・地域活性

極東開発工業は、後部格納式テールゲートリフタ「パワーゲート GII 1000/GIII 1000」(最大許容リフト荷重1000kg)をモデルチェンジし、2月1日より発売する。

今回のモデルチェンジでは、従来型では車両側面に別体設置だったパワーユニット(パワーゲートの動力源)とスイッチボックスを一体化して本体に内蔵。スマートな外観と工具箱等の艤装品取付スペースの拡大を図ったほか、使用状況等が一目で分かるLEDディスプレイをスイッチパネル内に新設した。

さらに、積荷を確認しながら自由な位置でパワーゲートを操作できるパルコンIV(ワイヤレスリモコン)を標準装備とし、荷役作業時の操作性と安全性の向上を実現している。

価格(税別)は取付費込みで101万5000円から。

極東開発、後部格納式テールゲートリフタをモデルチェンジ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  4. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  7. 「フリー乗車券」は高速バスのFIT対策に有効か?

  8. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  9. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  10. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

アクセスランキングをもっと見る

page top