極東開発、テールゲートリフタのパワーユニットとスイッチボックスを一体化 画像 極東開発、テールゲートリフタのパワーユニットとスイッチボックスを一体化

インバウンド・地域活性

極東開発工業は、後部格納式テールゲートリフタ「パワーゲート GII 1000/GIII 1000」(最大許容リフト荷重1000kg)をモデルチェンジし、2月1日より発売する。

今回のモデルチェンジでは、従来型では車両側面に別体設置だったパワーユニット(パワーゲートの動力源)とスイッチボックスを一体化して本体に内蔵。スマートな外観と工具箱等の艤装品取付スペースの拡大を図ったほか、使用状況等が一目で分かるLEDディスプレイをスイッチパネル内に新設した。

さらに、積荷を確認しながら自由な位置でパワーゲートを操作できるパルコンIV(ワイヤレスリモコン)を標準装備とし、荷役作業時の操作性と安全性の向上を実現している。

価格(税別)は取付費込みで101万5000円から。

極東開発、後部格納式テールゲートリフタをモデルチェンジ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  4. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  5. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  6. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top