中国語担当者がいない日本企業も「中国輸出ビジネス」が可能に 画像 中国語担当者がいない日本企業も「中国輸出ビジネス」が可能に

マネジメント

 日本企業がサプライヤーとして中国に商品を輸出するBtoBプラットフォーム「優日購(ヨーリゴー)」にて20日、中国語対応ができない企業でも円滑に輸出業務ができるという新サービスがスタートした。

 日本サプライヤーと中国バイヤーを結ぶ「BtoB中国輸出プラットフォーム」と位置付け、杭州杰恩西網絡技術有限公司(中国浙江省)と株式会社C2Jジャパン(東京都港区)が共同で運営している「優日購(ヨーリゴー)」。開店審査と情報掲載が無料という同サイトだが、今回スタートしたのは日本のサプライヤー企業向けの有料「中国化対応」サービスとなる。

 同サービスでは1カ月に「2000字の中国語翻訳」などが提供される「ライトプラン」、「10000字の中国語翻訳」や「中国のバイヤー紹介」などがセットになった「スタンダードプラン」、貿易をサポートし「翻訳」「掲載」「問い合わせ対応」といった運営業務を代行する「プレミアムプラン」の3種類を有料メニューとして用意。代理店契約に基づき、優日購の中国バイヤーをターゲットとして委託販売を行う「代理販売」の相談も受け付けるという。

 近年、日本企業が多大な注目を寄せる中国市場。今後も中国ビジネスをサポートするサービスが日中両国から数多く出てきそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 設備投資900億円へ増額、売上高2兆円へ攻める日本電産

    設備投資900億円へ増額、売上高2兆円へ攻める日本電産

  2. 家電や半導体の失敗を繰り返すな…日本電産・永守会長

    家電や半導体の失敗を繰り返すな…日本電産・永守会長

  3. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

    五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  4. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

  5. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(5)】マイナンバーは目に見えない新しい社会インフラ

  6. 回転寿司業界は寿司以外のメニューが熱い!?

  7. 日本造園企業年金基金、加入対象業種を大幅拡大

  8. 国交省/発注関係事務、16年夏に統一指標/重点項目に予定価格・設計変更・平準化

  9. 再生エネルギー「固定価格買取制度」改善…経産省有識者会議が報告書案

  10. 日本は金メダル5個――「技能世界一を競うオリンピック」が閉幕

アクセスランキングをもっと見る

page top