民泊用? 遠隔操作できるタブレットドアホン 画像 民泊用? 遠隔操作できるタブレットドアホン

IT業務効率

 インベスターズクラウドは19日、Qrio社と技術提携したことを発表した。同社のスマートドアホン「TATERU kit」と、Qrio社が開発するスマートロック「Qrio Smart Lock」を連携して、民泊サービスなどでの活用を目指していく。

 スマートドアホン「TATERU kit」は、室内に設置したタブレットをスマートフォンと連携して、外出先からでも来訪者動画を確認し、受話応答や不在時の室内確認などを可能としている。

 一方でQrio社の「Qrio Smart Lock」は、賃貸物件などに設置してスマートフォンで鍵の操作を行えるようにするデバイスで、施錠・解錠をはじめ、メールやメッセージで家族や友人に鍵の権限をシェアし、合鍵や鍵の受け渡しを必要としない。

 両者を組み合わせた「TATERU kit」専用アプリケーションでは、鍵の開閉も行えるようになる。

 同社では入居者以外にも、民泊サービスや不動産管理会社などでの活用を想定しており、今後は室内に設置したタブレットをシステムの中枢として、さまざまなIoT機器との連携などを予定している。

民泊で活用目指す……タブレットをドアホンにする「TATERU kit」、「Qrio Smart Lock」と連携

《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

    アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  2. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  3. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  4. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  5. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  6. 公道でセグウェイ……搭乗型移動支援ロボットの実証実験が全国で可能に

  7. 米Uber、自動運転タクシーの路上試験走行開始!

  8. 西武建設と岩崎がVR技術活用の安全教育システム開発。現場を3D再現、気づき体感

  9. 国交省が土木工事の積算基準を改定。ICT建機の経費上乗せ、「橋梁保全工事」新設

  10. ニュアンスまで翻訳? イトーキが5年後のオフィス予測

アクセスランキングをもっと見る

page top