民泊用? 遠隔操作できるタブレットドアホン 画像 民泊用? 遠隔操作できるタブレットドアホン

IT業務効率

 インベスターズクラウドは19日、Qrio社と技術提携したことを発表した。同社のスマートドアホン「TATERU kit」と、Qrio社が開発するスマートロック「Qrio Smart Lock」を連携して、民泊サービスなどでの活用を目指していく。

 スマートドアホン「TATERU kit」は、室内に設置したタブレットをスマートフォンと連携して、外出先からでも来訪者動画を確認し、受話応答や不在時の室内確認などを可能としている。

 一方でQrio社の「Qrio Smart Lock」は、賃貸物件などに設置してスマートフォンで鍵の操作を行えるようにするデバイスで、施錠・解錠をはじめ、メールやメッセージで家族や友人に鍵の権限をシェアし、合鍵や鍵の受け渡しを必要としない。

 両者を組み合わせた「TATERU kit」専用アプリケーションでは、鍵の開閉も行えるようになる。

 同社では入居者以外にも、民泊サービスや不動産管理会社などでの活用を想定しており、今後は室内に設置したタブレットをシステムの中枢として、さまざまなIoT機器との連携などを予定している。

民泊で活用目指す……タブレットをドアホンにする「TATERU kit」、「Qrio Smart Lock」と連携

《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

    沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  2. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  3. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  5. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  6. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  7. 民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

  8. 「アスクルの物流大改革」VS「アマゾン・楽天」!!

  9. 成田空港で次世代無線LAN「WiGig」による配信サービスのトライアル

  10. 【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

アクセスランキングをもっと見る

page top