「さっぽろ雪まつり」で訪日客をおもてなし…札幌市、MS、YRP UNLら 画像 「さっぽろ雪まつり」で訪日客をおもてなし…札幌市、MS、YRP UNLら

インバウンド・地域活性

 北海道札幌市、日本マイクロソフト、YRPユビキタス・ネットワーキング研究所は19日、オープンデータ(観光・施設情報、スポーツ情報、公共交通情報など)を活用し、外国人観光客の受入環境を整備する事業について、実証実験を行うことを発表した。

 総務省の2015年度オープンデータ・ビッグデータ利活用推進事業の1つを、日本マイクロソフトとYRP UNLが受託して実施。札幌市が全面協力し、「FISジャンプワールドカップ2016札幌大会」(1月30日~31日開催)、「さっぽろ雪まつり」(2月5日~11日開催)の来場者に、オープンデータを活用して開発した、ジャンプ観戦アプリや雪まつり観光アプリを提供する。

 総務省の事業は、2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会や、冬季アジア札幌大会などを念頭に置いたものだ。最先端のICTの利活用による「おもてなし」を、訪日客向けに発信するのを狙いとしている。

 日本マイクロソフトとYRP UNLは同日付で、「札幌オープンデータ協議会」を設立し、各協力団体から提供されたデータを、オープンデータとして活用できる基盤を整備して、アプリ・コンテスト、アイデアソン・ハッカソンなども実施する。事業の実施期間は3月まで。

ICTで「おもてなし」、日本MSらが「さっぽろ雪まつり」で訪日客向けに実験

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  3. ホントに牛肉? 「宮崎牛」25キロ使って描いた富士山模型が話題!

    ホントに牛肉? 「宮崎牛」25キロ使って描いた富士山模型が話題!

  4. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 東京メトロ銀座線大規模リニューアル/下町エリア7駅が新装!

  8. リニア新幹線、静岡県内導水路トンネル新設/南アルプストンネル建設に伴う施策

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 小田原市民ホール整備事業、大屋根と町家の屋根で伝統を表現

アクセスランキングをもっと見る

page top