「さっぽろ雪まつり」で訪日客をおもてなし…札幌市、MS、YRP UNLら 画像 「さっぽろ雪まつり」で訪日客をおもてなし…札幌市、MS、YRP UNLら

インバウンド・地域活性

 北海道札幌市、日本マイクロソフト、YRPユビキタス・ネットワーキング研究所は19日、オープンデータ(観光・施設情報、スポーツ情報、公共交通情報など)を活用し、外国人観光客の受入環境を整備する事業について、実証実験を行うことを発表した。

 総務省の2015年度オープンデータ・ビッグデータ利活用推進事業の1つを、日本マイクロソフトとYRP UNLが受託して実施。札幌市が全面協力し、「FISジャンプワールドカップ2016札幌大会」(1月30日~31日開催)、「さっぽろ雪まつり」(2月5日~11日開催)の来場者に、オープンデータを活用して開発した、ジャンプ観戦アプリや雪まつり観光アプリを提供する。

 総務省の事業は、2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会や、冬季アジア札幌大会などを念頭に置いたものだ。最先端のICTの利活用による「おもてなし」を、訪日客向けに発信するのを狙いとしている。

 日本マイクロソフトとYRP UNLは同日付で、「札幌オープンデータ協議会」を設立し、各協力団体から提供されたデータを、オープンデータとして活用できる基盤を整備して、アプリ・コンテスト、アイデアソン・ハッカソンなども実施する。事業の実施期間は3月まで。

ICTで「おもてなし」、日本MSらが「さっぽろ雪まつり」で訪日客向けに実験

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 肌に良し、食べて良し、飼って良し。酉年に現れたこの鳥の名は?

  5. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  8. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  9. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  10. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

アクセスランキングをもっと見る

page top